Entries

調布概論 1

前回は、夏。駒込に始まり、大塚まで歩きました。あれから季節が変わり、秋。今年二度目の概論。今回の企画自体は、もう何年も前から浮上していたんですが、タイミングが合わずになかなか実現にこぎつけることができなかったというモノ。それが今年。念願かなってやっと開催することができました!

今回は、調布。

ぃゃ、調布というのは実は後付けで、もともとの目的は「競輪」!

これまで「競馬」と「競艇」は体験しましたので、3つ目の公営ギャンブルを経験してみよう、と。そして、目の前で選手が走っている様子を見てみたい、と。そうなると、候補日が限られてくるので、タイミングを合わせるのが難しく、この日まで実現できなかった、というわけです。で、都内の競輪場は立川と調布の二ヶ所なんですが、今回は運よく調布での開催日と我々のスケジュールが合致しまして、「調布概論」になった次第であります。

そんなわけで、京王新線「京王多摩川駅」から徒歩数秒。『東京オーヴァル京王閣』にやって参りました。入場ゲートで50円を支払って中に入ります。50円とはいえ、有料なのかよ!と思う方もいらっしゃるでしょうが、無料のドリンクサービスがあったり、野外ステージでアイドルらしき女性たちのライブパフォーマンスなんかもあったりして、50円以上の価値は間違いなくあります。

そんな、初めての競輪場。内部はこんな感じになってるんですね。











IMG_1401.jpg

IMG_1404.jpg

IMG_1403.jpg












ここを、選手たちがサーッと滑るように駆け抜けていくわけです。見ているだけでも興奮してきます。

さて、それじゃぁ、物は試しと、まずは練習がてら、ろくに情報も仕入れずテキトーに少額だけ賭けてみます。マークシートに予想を記入、それを駅の券売機のような機械に入れて、お金を払えば、車券が出てくる、という寸法(実際はお金を先に入れる)。このあたりは、競馬や競艇と変わらないので、初めて行った競馬場のときよりもスムーズに買うことができました。

で、いよいよレースがスタート!











IMG_1406.jpg












IMG_1405.jpg


スターターさんのポーズが素敵です。






















正直、レースよりも気になってしまいました(笑)

いいもの見せてもらいました。・・・が、賭けの結果は良くはなく。私もФ少年も当然の如くハズレ。しかし、これでなんとなくの傾向がわかったので、次は少し工夫します。ついでに、この日の入場直後に配られていたスクラッチカードで、なんと1000円分の車券購入券が当たったので、それも使ってみます。

で、待ち時間。少し早いですが、場内のお食事処で牛すじカレーとビールでお昼ご飯に。

ビールはキンキンに冷えていて、かつ、場内の雰囲気とも相まって、なんだかいつもより美味しく感じました。カレーの方もイイ感じでした。牛すじがとろとろに煮込まれていて、ビールとの相性も抜群。・・・ただ、少しぬるかったのが、難点かな。アツアツの感じで出してもらえると、もっと美味しかったと思います。

なんてなことを感じながら、今度は巨大モニターでの観戦。初めてのボックス買いで挑んでみたものの、結果は敢え無く完敗。勝負前に乾杯したのが良くなかったんですかね(苦笑)

しかし、ただでは転びません。二度の敗戦を経て、我々も学習しました。それほどオッズから大きく外れるようなことはないのだ、と。

迎えた三レース目。ここで、見事に的中します。2-5が入りました。産まれて初めて、競輪で一発当てました!倍率は「3.5倍」。200円賭けましたので、700円戻ってきました!・・・が、他に400円分で、計600円使いましたので、結局のところ100円のプラスです(笑)

賭け方を変えてワイドで挑んだのがアダでしたねー。二車複(二着までを予想し順位は問わない)でいっていれば、もう少し還元されたとは思うんですけどね・・・。なんて、実は、その二車複で、Ф少年が見事に的中させまして、倍率はなんと「20倍」以上!さすがです。その後、Ф少年は次のレースでも少額ながら的中させ、4レースで2000円以上のプラス。私は2000円弱のマイナスとなりました。

それでも、競馬、競艇、競輪と、それぞれ一回ずつは少額ながら的中させたので面目躍如といったところ。競輪場の雰囲気も味わうことができましたし、充分満足です。・・・今にして思えば、スクラッチで1000円分を当てたところがピークだったな、とは思いますけどね(笑)

・・・そんなわけで、人生初の競輪を満喫した我々は、いよいよ調布の街を探索しに出掛けます(次回に続きます)。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/3303-5d4b0351

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
浮世サーフ



【歴代概論】
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム