Entries

近況 51


そんなわけで、先日、産まれて初めて37歳になりました。おかげさまで、各方面からたくさんのお祝いのメッセージを賜りまして、生きててよかった、産まれてきた甲斐があったなぁ、なんて、両親に感謝でいっぱいです。妻にケーキを作ってもらい、娘とともにお祝いもしてもらって、感無量です。

≪blog更新のこと≫
新年度開始前の休暇中に撮った写真などがたくさんあり、ネタも溜まってはいるんですが、なかなか記事を書く気にはなれず、気が付けば今月はこれで3度目の投稿というのですから、ヒドイもんです。まぁ、これから徐々に何かしら書いていければいいなぁ、などとぼんやり考えております。無理しない、無理しない。

≪ストレスのこと≫
昨年度は、6月ぐらいから一気に多忙になり、そのまま忙殺され続けていた年度だったなぁ、と改めて思います。一方、今年度は仕事が少し減り(というか臨時的に増加した分が標準に戻っただけなんだけど)、週の後半にかなり時間的な余裕が生まれました。そこをリフレッシュの時間と決め、自分の好きなことに没頭することにしました。今年の目標とした「憩」が早くも活きてきています。そのおかげか、心と体が随分と軽くなったような気がします(まだ仕事が本格化していないだけということもありますが)。

昨年度のストレス解消法と言えば、主にアルコールでした。その他のやりたいこと(ゲームとかガンプラとか旅行とか)は、長期休暇中にまとめてできるから、通常営業期間中は仕事に集中しよう、どんどん降ってくる課題をとにかく早く片付けて、お酒の時間と睡眠時間を確保しよう、、、そんな感じだったと思います。でも、アルコールというのは、個人的な感想ですが、そのときのストレスを少しの間忘れさせてくれるだけで、ストレスそのものを消してくれるわけではないのではないか、と思うようになってきました。一瞬忘れるだけで、体や心には確実にストレスは溜まったままなのでは、と。睡眠時間だけはなんとか確保できるように努めていたので、体の疲れはなんとかなっていたんでしょうけど、心の方は、、、今考えると、怪しいもんです。まぁ、気心の知れた仲間たちと居心地の良いお店で飲むときなどはきちんとストレス解消になっていたのは間違いないと思いますけどね。でも、家で一人ビールを飲んでいるとなると・・・。

そんなわけで、『憩』をテーマにしたのは正解だったなぁと思います。まずは、自分自身の心身の健康を保つこと。そのためには睡眠と食事、そして余暇の充実。自分自身が健康であれば、仕事もできるし家族と過ごす時間も確保できる。だから、自分のための余暇に遠慮はしない。

そういう意味では、「Nintendo Switch」が手に入ったのも奏功していますね。時間を作ってゲームをしよう!という気になります。「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」を入手しましたが、最高に面白いですね。スマホでもゲームはしていますが、それは所詮、隙間時間を埋めるぐらいのもので、わざわざ時間を作ってプレイしようというようなものではありません(今の私にとってはね)。従って、習慣に近いもので、それはつまりストレス解消には何も役に立っていないわけですね。ですから、今年度は「意識的に」ゲームを楽しんでいこうと思います。夏には3DSでドラクエの新作も出るらしいですし。

・・・とはいえ、まだ新年度は始まったばかり。私の体も本調子になるまではもうしばらくかかりそうです。その間は、余暇の力はまず自分のために使うことになるでしょう。GW頃には、家族に還元できるようにしていきたいですね。千里の道も一歩から。『憩』の年度が始まります。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/3353-c4226314

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム