Entries

ハロウィーン雑感

少し前の話になるが、10月31日はハロウィーンだった。我が職場では、毎年のことなのだが、職員の方々をはじめ、アルバイトの学生たちや、生徒たちまで仮装をすることになっている。仮装は一応任意であるのだが、半分以上強制的でもある。諦めながらも嫌々やらざるを得ない、そんな節もある。もちろん、ノリノリでやっている方々もいるけれども。そもそも、まだハロウィーン自体が日本にあまり馴染んでいない。この理由として、クリスマスやバレンタインと違い、女性に得がないからだという新聞記事を読んだ。確かに一理あるとは思った。一部得があるとすれば、我が子に仮装をさせてそれを自慢する母親とか、その程度ではないだろうか。やはり若い独身女性層がもっと率先して仮装をするようにならなければいけない。ハロウィーンでは、子どもたちが仮装をしてお菓子をもらい歩くという習慣があるが、あれは実は結構最近出来上がった習慣なのだそうだ。でも、女性だけでなく、子どももそして地域をも巻き込むのは、習慣が根付くには大事なことであろう。しかし、マンションに住み、プライバシーを盾に近所付き合いが減り、子どもは外でも携帯用ゲーム機で遊んでいるような現代においては、ハロウィーンがクリスマスやバレンタインのように、全国的に習慣として根付くというのは不可能に近いのではないだろうか。

 残された道はお菓子業界の頑張りだろうか。バレンタインやホワイトデーを牽引したのは、女性の力だけではない。そこに火をつけたお菓子業界の努力も欠かせなかった。写真は、ハロウィーン週間を乗り切ったご褒美として、社長が振る舞ってくれたカップケーキ。シャトレーゼ製。美味しかった。お菓子業界は10月1日あたりから、もっともっとハロウィーン特別仕様のお菓子を出すとかすべきだろう。今年もいくつか見たが、まだまだ足りない。一番頑張っているのはディズニーランドだろう。正直な話、ホーンテッドマンションのハロウィーン特別バージョンは、かなり良かった。途中、偶然にもアクシデントでイス(?)が止まって、中をじっくり見ることができたのは、嬉しいサプライズだった。「THE NIGHTMARE BEFORE CHRISTMAS」をちゃんと見てから行ったらもっとよかったのだろうが、生憎「Kingdom Hearts」シリーズでしか知らなかったが、それでも充分楽しめた。

つまり、来年のハロウィーンは仮装から逃れたい、というお話。話は全く変わるのだが、ホンダのCMで「グリーングリーン」の英語版を聴いてから、ずっと気になって調べてみた。すると、とっても詳しく解説しているサイトを見つけた。その真相を知ってびっくり。でも、日本語版の歌詞も、あれはあれで、深いよね。

ハロウィーン(Wikipedia):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3
シャトレーゼ:http://www.chateraise.co.jp/
グリーングリーン:http://www.worldfolksong.com/closeup/green/page1.htm

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/336-d4559461

トラックバック

コメント

[C386]

>yoji殿
うーん。きっとその子も被害者ですね。ハロウィーン云々に関わらず、空気の読めない親にだけはなりたくないものです。その前に親になれるのか、という詰問は敢えてスルーする方向で。
  • 2006-11-12 01:19
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C385]

昔池袋のスタバにいたとき糞ガキと馬鹿親が勝手にスタバの椅子を占領してハロウィンパーティをしているところに遭遇したのを思い出してしまいました。主宰君はああいうパパにならないように。
  • 2006-11-12 01:05
  • yoji
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム