Entries

近況 61

【2月上旬】
少しずつ残務を片付けながら、専らガンプラを作成する日々を過ごしていました(これについてはまた別の記事で詳しく)。それと並行して、飲みに出かけることもありました。

まずは、「ファイナルファンタジー(FF)別れの物語展」へ。ナンバリングタイトルにおける別れのシーンをフィーチャーした企画展。専用のヘッドフォンを付けて、各ブースごとに流れる音声を聴きながら巡回するスタイルは、初めての体験でなかなか面白かったですね。思い入れの深い場面ばかりで、泣きそうになってしまうところもありました。併設のカフェで「エリクサー」を飲みました。えぇ、お酒です。アセロラ?みたいな感じでした。

そして、以前いつものお店でとてもお世話になった方が、退職・修行を経てご自分のお店を開いたとのことで、訪問してきました。あの頃も充分レベルが高かったですが、またさらにレベルが上がっていて良い意味で驚きました。開店からたっぷり5時間ほどゆっくりお話しできて嬉しかったですね。次はいつ行こうかと、スケジュールを考えているところ。家からも職場からも近くはないので、調整が難しいですが、近いうちに必ずまた行きます。

元同僚で母校の先輩でもある方にご足労願って、いつものお店でも一献。たくさん飲んで、業界の話や育児の話で盛り上がりました。途中、常連会でお世話になっている方々も加わったりして、なんだか頭が混乱してしまいましたが、それはそれで面白かったですね。

そして、幼馴染のメンツで鍋を囲む恒例の新年会も開催。常連会で鍛えた勘と味覚が冴えわたり(自画自賛)、例年以上に美味しい鍋料理に仕上がったと自負しております。ポイントは、出汁を強めにとること、魚介類をしっかり下処理すること、一度にたくさんの種類を入れすぎないこと、そして野菜類も入れすぎないこと。

牡蠣は、大根おろしや片栗粉でしっかり汚れを落とすのが肝要。白子は、筋をしっかり切り落として、色が変わってしまっている部分もできる限り取り除くのが良し。野菜類は種類を限って同時投入は2種類までで、味の強い根菜は避ける(魚の味が相殺されてしまう)。豆腐は魚介や野菜の出汁がしっかり出てからの後半に入れた方が美味しい。

今まで、冬の鍋と言えば大根と白菜!なんていう既成概念があったんですけど、常連会で供される鍋は全くそんなことはないし、むしろ大根も白菜も高いから無理に入れなくていいのではないか、と思ったところからすべてが始まりました。魚介も野菜もいろいろいれて楽しむやり方ももちろんあって、それはそれで美味しいんですけど、今回は野菜の高騰もあって、これまでとはやり方を変えていこう、と。種類を絞って、魚介類を豊富にして、そして一度に何種類もやるんじゃなくて、一つの種類がはけてから次を投入して、味が変わっていくようにした方が最後まで飽きずにいけるんじゃないか、と。

お店のクオリティには負けますけど、それなりに美味しいお鍋にはできましたね。いい勉強になりました。今回は金目鯛をさばく機会もありましたが、さすがに慣れてないので難しかったですね。最終的には何とかカタチにはなりましたけど、、、。何より、骨に当たって包丁がボロボロになるのがキツかったですねぇ。それで切れなくなって、いちいち研がないといけない、というのはお店の方にも聞いていたんですけど、まさにその通りでした。鍋が終わってからしっかり研ぎました。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/3403-85a2c909

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム