Entries

おとうふ体質

嫁が豆腐好きなんですよ。で、一緒に居酒屋とかに行くと、ついつい豆腐のメニューを探してしまう。サラダが何種類かあって、そこにお豆腐のサラダがあると、ついついそれを選んでしまうわけです。冬は我が家でも鍋料理なんかをすると、やはりそこには豆腐が投入されます。私は鍋物の豆腐というのはどうもお腹にたまってしまうような気がして、あまりたくさんは食べません。そんな折、私が自分の分をお椀にとるついでに、嫁の分もとってあげたときに、自然と発せられたのが、この言葉でした。


  私:「豆腐多めにしといたよ」

  嫁:『ありがとう』

  私:「“おとうふ体質”だもんね」


以来、我が家ではお豆腐好きの人のことを、“おとうふ体質”と呼ぶようになっております。皆さんも是非使ってみてくださいね。

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/378-7c18021c

トラックバック

コメント

[C439]

>remika姉さん
なるほど。料金的にも高すぎず安すぎずでイイ感じですねぇ。「水上温泉宿に泊まる 10」に書きましたが、水上からの帰りに「赤谷湖」に寄ってるんですけど、猿ヶ京はちょうどその近くなんですよね。近すぎず遠すぎず。。。今後の旅行先の候補地として入れておきます。どうもです。

「○兵衛」、まだあるみたいですね。今日偶然その前を通りかかってしっかりこの目で確認してきました。んー、でも、やっぱり私はそれほどおとうふ体質でもありませんし、なにより別の店が私を呼んでますのでねぇ・・・(苦笑)嫁さんがどうしても!と言わない限りは入らないと思います。申し訳。
  • 2007-01-19 00:29
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C438]

>ここですか?→http://www.sarugakyo.net/

ずばり、そこです。
食事は部屋出し(夕食)、お風呂も露天あり内風呂にはヒノキ風呂もありで申し分ないです。
ホテルの目の前に月夜野焼きを体験出来るお店があって、そこでカップを作った事もあります(今もあるのかな)。
どうぞ、お嫁さんを連れて行ってあげて下さいませ。

そして、豆腐料理の居酒屋さんはお察しの通り、「○兵衛」です。
昨年末に、ちらっと地元情報紙で見たのでまだあるようです。
  • 2007-01-18 23:42
  • remika
  • URL
  • 編集

[C437]

「おとうふ体質」という言葉の響きがまた個人的に気に入ってます。一度口に出すと、どうしても誰かに言いたくなるような、あとをひく響き・・・♪

>みずさま
湯豆腐とかになれば、もうそれしか食べないので逆に豆腐を食べまくるんですけど、それ以外だと、決して嫌いではないんですが、箸は進まないんですよねぇ・・・。奇遇ですね。私はあまりおとうふ体質ではないということでしょう。

>remika姉さん
それはもう完全なおとうふ体質ですね(笑)
北浦和西口・・・そこには既に別の行きつけの居酒屋がありますので、行ったことないですわ。「○兵衛」っていうとこですか?今もあるんでしょうか・・・。それよりも、その猿ヶ京の豆腐懐石っていうのは、嫁さんが泣いて喜びそうです。ここですか?→http://www.sarugakyo.net/
  • 2007-01-18 01:25
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C436]

お!お豆腐体質なんですね。
私は「よせ豆腐」が好き♪
お豆腐と言えば、北浦和の西口に豆腐専門居酒屋さんがありますよね。
行った事あります?
私も昔、何度か行きました。また行きたいなぁ、、、、。(遠い目)
そうそう、群馬の温泉(猿ヶ京)にも豆腐懐石を出すホテルがあります。
私のお気に入りです。
、、、、やっぱり私も豆腐体質かしら、、、、。
  • 2007-01-17 22:19
  • remika
  • URL
  • 編集

[C435]

私もお腹に溜まる気がして、鍋の豆腐はあんまり食べないです。
嫌いじゃないけど、特に好きでもないし。
お嫁さん、おとうふ体質でしたか。知りませんでしたw
  • 2007-01-17 12:51
  • みず
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム