Entries

六本木ヒルズ概覧 1

 先日、嫁のために秋葉原で「iPod nano」を購入した後、六本木へ行ってきた。嫁は飯田橋で用事があるので、4時ぐらいに六本木で待ち合わせということにして、私だけ一足先に乗り込んだ。六本木自体には何度か友人が出演しているミュージカルを見るために来たことがあったので、初めてというわけではなかったのだが、「六本木ヒルズ」に潜入するのは初めてだった。日本であり日本でないような錯覚にとらわれた(外国人も多いし)。1つのテーマパークの中にいるような感覚。そして高級感。銀座と同等(あるいはそれ以上?)の物価の高さ・・・。私のような馬のどこの骨かもわからないようなウニ頭が来ていい場所ではないのではないか、という自問自答を押し殺しながら、なんとか勇気を振り絞って歩いてみた。既にブームは落ち着いたと見え、昨年訪れた表参道ヒルズよりは人出は少なかったが、それでもたくさんの人がいた。

フロアガイドを見て何度も位置関係を確認したが、それでも迷う。もともとわざと迷路のような構造にして、訪問者を惑わせ、その間にいろんな商品を見せて買わせてしまおうという算段なのだろう。決して方向音痴ではない私でも、空間把握にかなりの時間を要した。まぁ、それも慣れてしまえば問題ないことなのだろうけれども。。。一人で歩いている中で、最もひいたのがこの高層マンションである。いわゆる“ヒルズ族”と呼ばれる人たちが住んでいるのだろうが、どんなにお金があってもここには住みたくないと心底思った。ぃゃ、決して僻みなどではなく。ここに住むお金があればもっと郊外にでっかい家を建てたほうがいいなぁ、と思ってしまった。しかし、被写体としてはとても興味深い。信号機と一緒に撮った一枚、そして青空にぽっかりと浮かんだ月と一緒に撮った一枚。まぁまぁの出来ではないだろうか。

 妙な話だが、ちょっとトイレに立ち寄った際、さすがは六本木ヒルズだと感じてしまった。清潔感と高級感が違う。温水出るし。この公共トイレの清潔さというのは、日本の素晴らしいところの1つに数えられると思う。一昨年訪れた英国では、ホテルのトイレですら若干残念なところが少なくなかった。六本木ヒルズにきたら、是非トイレには寄っておいて損はない。さて、一番上の写真はヒルズの中にあった小さな滝の下で撮ったもの。敢えてフラッシュをたかなかったので、ピントがぼんやりしてしまった。小さな男の子を連れた若いご夫妻がこの滝つぼの近くにいて、その男の子の所作がいちいちかわいらしく、微笑ましすぎて参った。と、そんなこんなで歩き回っているうちにあっという間に待ち合わせの時間が迫ってきた。六本木一丁目(飯田橋から南北線で1本)で待ち合わせているので、私もそこまで歩かなくてはならない。日が少し傾き始め、冷たい北風が私の背中を押した。

六本木ヒルズ:http://www.roppongihills.com/jp/index.html

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/409-d5e6905e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
浮世サーフ



【歴代概論】
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム