Entries

杜の都 滞在記 4

 さて、引き続き仙台駅前の居酒屋「大黒」よりお届け。日本酒もいよいよ二杯目に突入。今度頼んでみたのは、これも宮城の地酒「伯楽星(はくらくせい)」。これも初体験でしたが、こっちの方が私好みでしたね。スーッと入っていく、きれいなお酒でした(ちなみに、「愛宕の松」と同じ酒造のもののようです。そっちは何度か飲んだことあります)。そんなお酒と合わせたのがこちら・・・って、これだけじゃわからないと思いますので、2枚目の写真と合わせてご覧ください。「黒米と鰻の笹蒸し」です。酒の肴、というよりは、飯です。少なくとも見た目は完全に。寿司のようにすら見えます。ところが、これがまぁ日本酒との相性も意外にいいんですよ。嫁さんも喜んで食べてくれました。ちなみにお店の方によると、この日に初めてこの料理をメニューに載せ、我々が初めて注文したということで、後で店を出るときに感想を聞かれました。素直に美味しかったので、美味しかったですと伝えておきました。ところで、仙台って鰻でも有名なんでしょうか?結構あらゆるところで見かけましたし、パンフレットもありました。仙台市泉区の方には“鰻沢”という地名もあるようで。鰻好きの私としては嬉しい発見でした。

もう1つ注文したのが、3枚目の写真、「三陸穴子と夏野菜の天ぷら」。関東在住の私としては、穴子といえば江戸前でしょう、という感じだったんですが、いやいやなかなかどうして、三陸穴子も絶品でした。江戸前よりも繊細な味という印象を受けましたね。赤とオレンジのパプリカ、さらにはズッキーニも天ぷらにされてました。どれも美味しかったです。特にパプリカはこうして天ぷらにするとさらに甘みが増すんですね。勉強になりました。サイコー☆宮城県って美味しいものが多くて羨ましいですね。でも、そういうものを素直に受け入れて賞賛できるというのが、大して誇れるものがない県の出身者の数少ない誇れるところ、と思いたいですね(苦笑)そんな素敵な居酒屋「大黒」。詳しい情報はこちらをご覧ください。どうでもいいですが、“懐古的世界居酒屋”というキャッチコピーはやめた方がいいと思います(笑)

 さて、これだけ質の高いお料理と、充分なお酒で、一人3,000円ちょっとという大変リーズナブルな価格にさらに満足した我々は、満面の笑みをたたえて帰路に。途中、コンビニでアイスを買って、ホテルへ持ち帰り、夜景を見つつ静かに食す贅沢。ちなみに、私は「厨房のアイス バナナ」(嫁さんはハーゲンダッツのマンゴー味)を選んだんですが、これ、私にはちょっとキツかったですね。ものすごくバナナの味が濃くて、それはそれでいいんですけど、見方を変えれば、冷たいバナナペースト食べてるみたいで、なんだかちょっと食べただけで飽きちゃう感じ・・・。嫁さんはむしろそれがいいと言って、こっちを引き受けてくれました。私はハーゲンダッツのマンゴーの方が好きです。さて、杜の都 滞在記 仙台編はこれでひとまずお休み。次回からは松島編が始まります。お楽しみに☆

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/515-5edae4af

トラックバック

コメント

[C685]

>まきこさま
宮城のお酒は美味しいですからね、「浦霞」や「墨廼江」だけじゃないんだってとこをまざまざと見せ付けられましたよ。特に“伯楽星”はオススメできますね。見かけた際は即ゲットです!
  • 2007-06-22 01:12
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C684]

伯楽星…仙台のお酒好きとしてはかなり気になりますね。
ほんとかなりおいしそうですね~!!!
  • 2007-06-22 01:06
  • まきこ
  • URL
  • 編集

[C683]

>じゃんはいさま
実際、大変うまかったでありますっ(^_^)v
でも、そう言っていただけるような写真が撮れた、というのも実はすごく嬉しいですね。これからも美味しいものを美味しそうに撮影できるように、さらに腕に磨きをかけていきます!(どこを目指しているんだろうか、私・・・。笑)
  • 2007-06-21 22:36
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C682]

まぢ、うまそーであります( ̄^ ̄)>
  • 2007-06-21 22:28
  • じゃんはい
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム