Entries

杜の都 滞在記 8

 船着場のところにレストハウスがありまして、ここまでずっと歩き通しで疲れていたので、船に乗る前に一休みしようということになり、中に入ってベンチに腰をかけると、嫁さんが「ちょっと待っててね」と言うや否やどこかへ行ってしまいました。トイレにでも行ったのだろうと思ってたんですが、それにしちゃぁ、随分長いし、かといってトイレが混んでる様子もないし、まぁ、何かあればケータイに連絡があるだろうと思ってウトウトしかけた頃、突然目の前に嫁さんが現れました。手にはソフトクリームを持っています。この日はものすごい好天で、非常に暑かったので、ちょうど私もアイスでも食べたいなぁと思っていたところでした。買ってきてくれたのは洋梨ソフト。持ってくるまでにちょっと溶けかけてしまってましたが、それでも充分美味しくいただけました。オススメです。さて、そうこうしている間に、そろそろ出航の時刻です。我々はレストハウスから出て、乗船場へ向けて歩き出しました。

松島にはたくさんの遊覧船があります。4人までしか乗れない小型船から300名も乗れてしまう大型船まで、タイプは様々。今回我々がお世話になったのは、第3仁王丸という2階建ての大型船。しかし、ここにはまさかのトラップが仕掛けられていたんです。遊覧船ですから、当然2階からの景色の方がきれいなわけです。しかも1階は全面ガラス張りなのに対し、2階には開放的なデッキまでついてます。そうなれば、皆2階に行きたがるのが心情。しかし、乗ってみると、なんと、2階は「グリーン席」ということで、600円の追加料金がかかるとのこと。そんなの今までどこにも書いていなくて、何の情報も持たないで入った我々は大変驚きました。驚いたんですが、結局支払って2階に行ってしまいました。“思わぬ出費”その2です。ま、例の諭吉さんのお力添えで難なく解決ですけどね(苦笑)ただ、結果論ですが、やはり2階席はいいですね。追加料金制ということで、1階ほど人がいないんですよ。景色云々よりそれが何よりいい。しかし、デッキにはあまり入り浸らない方がいいですね。ご覧のように、カモメの群れがエサを求めてずっと着いてくるんです。船内でカモメのエサとしてえびせんが売られてるんですよ。で、カモメはそれを観光客の手元から器用にさらっていくんです。ま、さすがに我々は買いませんでしたが、お隣にいた人がエサをあげている様子だけ写真に収めさせていただきました。

 景色よりカモメに夢中になってしまうんですよねぇ。それが海なし県出身者の悲しいところ。落ち着いて景色を楽しみたいのであれば、やはり船内に戻って、ゆっくりとテーブルについてお茶でも(ビールでも)飲みながらってのが一番いいです。観光案内のアナウンスもちゃんと聞けますしね。ただ、この景色だけはどうしてもガラス越しではなくデッキに出て撮りたかったんです。仁王島。大変珍妙な様相を呈しています。松島町のHPには“大自然が幾千物間に海波の浸蝕によって造り上げた傑作で、その形はあたかも仁王の如く、怪奇な様相を海上にあらわしている”と書かれていますが、実際、松島一の奇勝です。他にも、“千貫島”やら“夫婦島”やら“よろい島”やら、たくさんの風光明媚な島々がありますが、それは是非皆さんご自身の肉眼でご覧くださいね。やっぱり、松島の良さは行って自らの目で見ないと!

そんなこんなで約50分間の航海もあっという間に終了。無事に船着場に接岸を果たした我々は、帰りの電車までの残り1時間ちょっとを最大限楽しむことにして、次なる目的地へと歩き出したのでした。ちなみに、ほぼ同時刻に同じように船着場に到着した別の遊覧船は、接岸に失敗して、ガリガリいってました(笑えない)。

松島町HP(松島の島々):http://www.town.matsushima.miyagi.jp/101_kankou_guide/01_tenbouti/viewila.html

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/519-a47e3ce7

トラックバック

コメント

[C695]

>みずさま
そうですね、嫁さんも今回初めての松島ということで、大変喜んでおりました。この調子で残りの日本三景も制覇していこうと思います。カモメは“夏にカムチャッカ、シベリア、カナダなどのユーラシア大陸北部、および北米大陸北西部の海岸で繁殖。冬には日本に現れ、全国の海上に群生。渡り鳥であり、冬季には南部へ移動する”とのことです。これから海を渡る前に栄養を蓄えなきゃいけない時期なんでしょうかね。

それにしても“グリーン席”のやり方は、よく言えば商売上手、悪く言えば汚いですよね(苦笑)せめて予めパンフレットとかで告知しておいて欲しかったですよ。
  • 2007-06-25 21:01
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C694]

家族で仙台に行ったときには、お嫁ちゃんは松島には行けなかったので、今回一緒に行けたと分かって、嬉しいなと思っていました。
私はカモメがたくさんいた記憶はないのですが、今の時期がすごいのですかね?
しかし、乗船後の思わぬ出費は、諭吉さんのお恵みがなければ我慢しちゃうかもですね。その商売のやり方はひどいw
  • 2007-06-25 20:52
  • みず
  • URL
  • 編集

[C693]

>田舎物殿
まさに“揺れる想い”ですね(ぃゃ、揺れる、重い?違)。この日はとっても波が穏やかで、内海にいるうちはまったく揺れませんでした。でも、ちょっとだけ外洋に出たんですが、そのときはさすがに揺れましたね。危うく船酔いしかけましたが、デッキに出て風に当たってなんとかごまかしたのはここだけの話です(船、苦手なんです・・・苦笑)
  • 2007-06-25 11:02
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C692]

昔松島で遊覧船に乗ったとき、波が非常に高くて内海は危険だからって外海に出たことがありました。
もちろん波自体は外海の方が全然高い。
大型の遊覧船が、小舟並みに揺れてました。
そのときは、乗客も添乗員もみんな船酔いしてましたよ。
それが、松島の遊覧船の思い出
  • 2007-06-25 09:09
  • 田舎物
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム