Entries

カシオペア概論 後編

揺れる車内と簡易ベッドの相性はすこぶる悪く、何度も夜中に目が覚めました。ちなみに、青函トンネルの通過は深夜3時頃。運が良かったのか悪かったのか、たまたま目が覚めたためにトンネル内の様子を拝むことができました。さてさて、そんな寝覚めの良くない翌朝。朝食は予約なしで6時半からということだったので、朝に弱い私が6時前には起きて準備してたんですが、なんと、6時半前に車内放送が入ったときには、既に満員とのこと。後で聞いた話ですが、5時ごろから並んでいた人もいたとか。そういう人はきっとカシオペア経験者なんでしょうね。我々はそんなことなどまったく知らないカシオペア初心者ですので、結局食堂車の前で待たされ続けました。45分間通路に立ちっぱなし。待たされる中、耐えかねて脱落していく乗客も数名。車内放送で響く、車内販売の弁当も売り切れ御礼。そんななか、ようやく係の人から案内があり、やっと朝食にありつける・・・と思ったのも束の間、席に座って飲み物を注文した頃には時刻は7時半。そうです、シャワーの時間です。その30分後には嫁さんのシャワーの時間です。とりあえず私は嫁さんを残してシャワールームへ直行。ちなみにシャンプー類は備えられていないので、持参したものを使用します。

 しかしまぁ、当然ですがこれが狭い!脱衣所とシャワールームあわせて一畳分もないんじゃないですかね。ドアを開けてすぐに人一人やっと入れるぐらいの脱衣所。そこで裸になって、予約時にもらったカードを挿入口へ(これでシャワーのお湯が出るようになる)。眼前の扉を開けて、これまた人一人やっと入れるぐらいのシャワールーム。目の前にはシャワーと、「出」の緑色の丸いボタンと「止」の赤色の丸いボタン、そして「6:00」から始まるカウントダウンタイマー。「出」ボタンでお湯が出ると同時にカウントダウンが始まり、「止」ボタンでお湯が止まるとカウントダウンも止まるという寸法。結果的に私は合計3分ぐらいしか使いませんでしたが、後で入った嫁さんは(私よりも多少余裕があったので)ギリギリまで使ってみようとがんばってみたそうです。すると、カウントダウンが1分を切ったときには警報音が鳴り響き、シャワーどころじゃなかったそうです。さて、そんなせわしないシャワーを10分ほどで切り上げて再び食堂車に戻ってくると、嫁さんのもとに朝食メニューが全て整えられて彼女が食事を始めた直後でした。ホント、慌しいことこの上ない。朝食も夕食時に予約できるようにした方がいいんじゃないでしょうかね、JRさん。ちなみに、朝食自体は美味しかったです。嫁さんはどろどろのスクランブルエッグがやや苦手のようでしたが、白身魚のソテーは朝からイイ感じでした☆

というわけで、これからカシオペアを利用しようと考えている方は、かなりの注意が必要です。特に、シャワーの予約と朝食の時間には要注意!朝食は車内販売を利用するという手もありますが、こちらも売り切れ必至です。夜のうちにお弁当を買っておいて朝ゆっくり食べるというのがいいかもしれません。冷蔵庫はありませんが。ま、早い話が、カシオペアに乗るならスイートに乗れってことですね。次(があればの話ですが)はそうしようと思います。

さて、そんな後味の悪いカシオペアもついに札幌へ上陸。
2007年8月3日。いよいよ我々の本格的な北海道旅行が始まります。

<次回へ続きます>

カシオペア(JR東日本):http://www.jreast.co.jp/cassiopeia/
カシオペア(Wikipedia):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%82%A2_(%E5%88%97%E8%BB%8A)

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/553-d8cd4190

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム