Entries

霧多布概論 1

8月6日(月)。この日は早朝7時に札幌を出発しなければならなかったため、せっかくのジュニアスイートルームでの宿泊も早々に切り上げなければならなかったのがやや残念でした。しかも、朝食はもちろん食べられず、特急の中で駅弁で済ませました(駅弁については編集後記でご紹介できれば、と)。特急と言えば、今回の旅でおそらく産まれて初めて(湘南新宿ライン以外の)グリーン車というものに乗りました。今回使った切符はJR北海道の「北海道フリーパス」というものだったんですが、せっかくの北海道の鉄道旅行なので、そのグリーン車用を購入したんです。グリーン車が6回まで乗り放題。座席もゆったりしていて、客室乗務員のお姉さんもいて、ウェルカムドリンクサービスがあったり、毛布を貸してもらえたり、たとえ眠りこけてしまっても降りる駅の前でお姉さんに起こしてもらえたり、もう至れり尽くせり!特にこの日は早朝札幌を出て釧路へ向かう特急だったため、4時間弱も乗っていなければならず、グリーン車は最適でした。そんなわけで、我々はまず札幌から4時間弱かけてまず釧路に到着。そして、そこから根室行きの普通快速列車に乗り換えて、1時間ほどかけてやってきたのがここ「茶内(ちゃない)駅」。もちろん無人駅です。上段写真右が茶内駅、左が茶内駅から見える景色。どうでしょう、このなんにもなさ!(笑)

 我々が何のためにこんなところ(と言っては失礼ですが)にやってきたのかというと、それは、湿原を歩くためです。北海道で湿原といえば、誰しもまず“釧路湿原”を思い描くかと思うんですが、夏休みということもあっておそらくそこは非常に混雑するのではないか、という予測を立て、もう1つの湿原“霧多布湿原”へ向かうことにしたんです。ちなみに「霧多布」は「きりたっぷ」と読みます。先日、日本テレビ系で放送された、ルパン三世生誕40周年記念作品「霧のエリューシヴ」をご覧になった方はご存知でしょう。実はルパン三世の作者モンキーパンチ先生は、ここ霧多布のお生まれなんだとか。作中には確か湿原の方ではなくて岬の方が出てきたと思うんですが、我々は今回は岬の方へは行きませんでした。さて、そんな霧多布湿原。事前に茶内駅からはタクシーで10分ほどのところにあると聞かされていたんですが、ま、タクシーなどいるはずもなく。仕方がないので、駅前の古ぼけた電話ボックスの中の電話帳でタクシー会社を検索。すぐさま電話をかけてタクシーを一台手配。そして待つこと15分。やってきたタクシーに颯爽と乗り込んで行き先を告げます。「霧多布湿原センター」

タクシーに揺られること10分少々。やってきました湿原センター。まずは予約していた長靴トレッキングの受け付けを済ませて料金を支払い、センター内のレストランで昼食(中段写真左)。浜中(はまなか:この湿原がある町名ね)で採れた昆布を使った昆布パンです。これが美味しい!そうそう、それからこれも驚いたんですが、浜中で採れる牛乳は非常に品質がよく、日本で作られているハーゲンダッツの原料にはここ浜中の牛乳が使われているんだとか(よく見ると、ジャムに添えられているスプーンはハーゲンダッツ用のスプーンです)。曰く、牛は土から育てるとのことで、土壌のph値の管理はもちろん1頭1頭ナンバリングして徹底管理しているんだそうです。確かに、牛乳もチーズも美味しかったです。さて、そんな浜中の霧多布湿原センター。今回の長靴トレッキングに参加するのは我々2名と、道内出身の母娘2名、横浜から来た若夫婦2名+その小さなご子息2名、そしてガイドのお兄さんの合計9名。長靴を借り、まずはセンター内の標本などを使って簡単に湿原の概要を学習した後、いよいよ出発。センターの前は中段写真右のような光景ですが、ここからずんずん森の中、そして湿原の中へと進んでいきます(下段写真参照)。

そして我々が進んだ先には、数々の自然の神秘が待ち受けていたのです。

<次回へ続きます>

霧多布湿原センター:http://www.kiritappu.or.jp/center/

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/567-5a6cc34c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
浮世サーフ



【歴代概論】
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム