Entries

函館概論 3

 8月8日(水)。楽しかった北海道旅行もいよいよこの日が最終日。湯の川温泉平成館しおさい亭の1階レストランにて、運良く窓際の、海が見えて景観の良い二人掛けの席を確保できた我々は、この旅の最後の朝食をしっかり堪能していました(上段写真左)。和洋どちらも楽しめるバイキング形式。しかし、我々は和朝食をチョイス。その場で切ってくれるイカ刺しとか、鮭の昆布巻きとか、ウニしいたけとか、やたらと美味しかったですね。朝ごはんをこんなにしっかり摂った旅も、かつてなかったと思います。やっぱり、旅となると朝から動きますから、朝飯はガッツリいっときたいものです。さて、そんなわけで、オーシャンビューの露天風呂付き客室と、美味しい食事を充分に楽しんだ我々は、この旅最後の宿を後にして、函館朝市に向かいました。またしても路面電車に揺られること30分。まずは駅のコインロッカーに荷物を預け、いざ、朝市へ。駅前のバスターミナルのところとか、市場の中とか、数年前に訪れたときとは随分変わりましたね。どちらもバッチリ整備されていて、特に朝市の方なんて、昔の雑多な感じから、観光客向けに洗練されてしまって、ちょっと残念。

しかし、朝市ってのは、客引きが怖いですね。まぁ、お店の人にとっては死活問題ですから、必至になるのはわかるんですけど、ちょっと行き過ぎていて怖い気がします。嫁さんもちょっとおどおどしてました。しかし、今回の我々の目標は既に定まっていたので、そんな客引きには目もくれません。私は家族に毛蟹を送ることに決めていました。ちょうど姉一家がお盆で実家に帰省しているということもあり、どーんと毛蟹を送ってしまえば、他に多数の姪や甥に一つ一つお土産を買う必要もなかろう、しかも子供たちはカニ大好きだし、ということで、我々はまず、カニ専門店を探して歩いていました。すると、一人のおばあさんが店頭に立っているお店に目がとまりました。聞けば、この朝市で一番古くから営業しているカニ専門店だとか。毛蟹の質も良かった上に、値引きもしてもらえるとのことで、思い切ってここで購入。毛蟹3杯。送料込みでおよそ1万円。ま、これが大人と子供合わせておよそ10人分のお土産と考えれば、安いものです。ちなみに上段写真右のタラバガニは、全く別の店の店頭にあったものをこっそり撮影しただけで、今回の毛蟹とは全く関係ありません。一方、嫁さんは私の提案もあって、家族にメロンを送ることに。これもまたメロン専門店を探して歩いていると、ちょうど目の前にそんなお店が!やっぱり、色々売ってるところよりも、それだけを専門に扱ってるところの方が、信頼できます。で、事実安くて美味しいし。皆さんも、函館朝市で何かを買って送る場合には、専門店を探すことをオススメしておきます。

 さて、そんなわけで、様変わりしてしまった函館朝市の中でも、変わらず営業を続けているお店を中心に堪能した我々は、その足で、次の目的地へと向かいました。途中、赤レンガ倉庫群の片隅を通り抜け、坂道の多い通りにやってきました。「二十間坂」「大三坂」「八幡坂」といったあたりは、“カトリック元町教会”などの教会が立ち並んでいるんですが、ここらへんには3年前の北東北旅行のときに、嫁さんと(当時はまだ結婚してませんでしたが)一緒に訪れています。なので、今回はもう少し足を伸ばし、「基坂」という藩政時代には政治の中心地だったというところにある、“旧函館区公会堂”に行ってみることにしました。それが中段写真右。なかなかオサレなデザインの建物ですよね。実際、20分1000円という微妙な金額設定で、衣装の貸し出しも行われており、ゴージャスなフリフリのドレスを着て、館内を自由に歩き回り、写真を撮ることもできます。さすがに我々はやりませんでしたが、親子連れの方々は、娘さんに衣装を着せて、バシャバシャ撮ってました。その光景がなかなか微笑ましく、かわいらしかったですね。

ちなみに、中段写真左が2階のホール。今でもここでコンサートなどが催されることもあるとか。下段写真左は大正天皇や昭和天皇が実際に使用したというお部屋(当時はどちらも皇太子としての行啓)。平成元年には、平成天皇・皇后両陛下もご休憩なさったそうです。でも、この紫色はちょっと、落ち着かないよねぇ…。下段写真右は、2階から見た函館港。ちょうどこのとき、雨が降り始めてしまい、我々は止むことを願いながら、すぐ近くの次なる目的地へ向かったのです。

<次回へ続きます>

函館朝市オフィシャルサイト:http://www.hakodate-asaichi.com/
旧函館区公会堂:http://www.zaidan-hakodate.com/koukaido/kou.htm

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/577-1c866acb

トラックバック

コメント

[C787]

>ほめさま
了解しました☆
  • 2007-09-03 11:38
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C786]

時期を見てご一緒しましょう!!
細かいことはmixiのほうで。
  • 2007-09-03 11:19
  • ほめ
  • URL
  • 編集

[C785]

>ほめさま
イイですねー。ホント、うなぎ概論やりたいですよ。
http://www.gnavi.co.jp/kikukawa/
  • 2007-09-01 01:27
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C784]

では、今度、きくかわでもご一緒しますか?
  • 2007-08-31 15:29
  • ほめ
  • URL
  • 編集

[C783]

>ほめさま
しゃちょさんのオゴリでうなぎっ!!羨ましいですぅ~。
しかも幕末の創業とは。。。( ̄¬ ̄)
  • 2007-08-31 14:24
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C782]

負けじと、こちらはお昼に、しゃちょさんのオゴリで鰻重、いただいてきました。
ふな亀というお店、なんと幕末の創業らしいですよっ!
  • 2007-08-31 13:32
  • ほめ
  • URL
  • 編集

[C781]

>ほめさま
毎度ありがとうございます☆毛蟹は本当に美味しかったですよ。やっぱりタラバとは比較になりませんね。ま、もちろん普段はカニカマしか食べられませんけどね(笑)

でも、私はひそかに数の子が好きです。
  • 2007-08-31 13:19
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C780]

あー、おなかすいたw(来てんぢゃん
  • 2007-08-31 11:39
  • ほめ
  • URL
  • 編集

[C779]

たっ、たらば( ̄¬ ̄)
んでもって、毛蟹!いくら!!メロン!!!

( ̄¬ ̄)( ̄¬ ̄)( ̄¬ ̄)( ̄¬ ̄)

もう、卒倒でございますw
  • 2007-08-31 10:27
  • ほめ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム