Entries

函館概論 5

 さて、函館市旧イギリス領事館を後にした我々。函館には数年前にも嫁さんと訪れているので、もう他に行くような観光地もありません。強いて言えば、トラピスチヌ修道院ぐらいですが(嫁さんは修学旅行のときに来たようですが、もう1度行きたいと言っておりました)、今からではちょっと間に合わないのでとりあえず赤レンガ倉庫群へ。途中、レトロな路面電車を見ました(上段写真左)。このバージョンには車掌のお姉さんが乗っているようです。是非今度はこれに乗ってやろうと思います。そんな路面電車を尻目に、海沿いを歩いていると、一度は止んだ雨が少し強く降り出しました。慌てて赤レンガ倉庫のお土産屋さんに飛び込んで雨宿り。ついでに何かいいお土産はないか、見て回りますが、ここでは特にこれといったものには出会えず。お菓子やおつまみ系のお土産は空港で買うことにしていたので、とりあえずの目星だけはつけておくことにしました。

そのまま赤レンガ倉庫群の中のお土産屋さんを転々とする我々。その中である一つのお店に目がとまりました。北海道限定キューピーがずらっと並んでいるお店。実は我々、最近は旅先で必ずこの地域限定キューピーを探すことにしているんです。というのも、愛車のナミちゃんにこれをぶら下げているんです。伊豆では金目鯛キューピー、仙台では幸せ笹かまぼこキューピーをゲットしてきました。ここまでの旅路でも色々と目にしてはいたんですが、なかなか気に入ったものに出会えずにいたんです(ちなみに北海道だけで50種ぐらいあります。埼玉は1種類しかないのに)。ここにきてようやく“ツボ”に出会えました。「たらばがにキューピー」と「うにキューピー」。特に後者はネタ用です(笑)すぐさま購入しました。他には一年中クリスマス関連商品を扱っている「クリスマスヴィレッジ」を覗いてみたり、チーズケーキの試食をしたりして時間をつぶし、雨が止んできた頃合を見計らって、我々は外に出て駅へ向かいました。途中、前回訪れた際にも食べたソフトクリームを食べて、あの頃を懐かしんだり、駅に向かう途中でこれも前回訪れたイカ広場と摩周丸を訪れてあの頃を懐かしんだり。ただし、そこは今回は写真だけ撮って素通り(中段写真右)。

 そして我々は函館駅前に戻ってきました(中段写真左)。ここから連絡バスに乗って函館空港へ向かいます。国際線ではよく出発の2時間前に空港に来ること、なんて言われますが(ってそれも古い?)、実は私、国内線に乗るのは今回が初だったので、一体どのぐらい前に空港へ行けばいいのかわからず、とりあえず国際線と同じようにしてみました。が、さすがに早すぎましたね。1時間前ぐらいでいいのかも。お土産を買った後、しばらく暇でした。搭乗手続きを済ませて、手荷物検査を受けた後、搭乗口前の液晶大画面TVで高校野球を見つつ待機。その後、駅弁ならぬ空弁を買い、缶ビールを買って機内へ。カシオペアで半日かけて移動した距離ですが、飛行機ではたったの1時間20分。気温の変化よりも、人口密度の変化についていけませんでした。東京ってこんなに人いたっけ?って感じで、羽田空港に着いてから、家に帰り着くまでが一番大変でした。

そんなわけで、なんとか無事に帰ってくることができた我々。まずは一息つく前に、1週間分の洗濯物を洗濯機に投入。自らも部屋着に着替えます。

と、そのときでした。

ズボンを脱いだ状態の私をちらりと見た嫁さんが一言。







お、お尻が・・・・・・。







え?お尻?と思って、慌てて自らのお尻の部分に手を当ててみると、







パンツに穴がっ!







トランクスのお尻の部分に、ちょうどお尻の割れ目に沿うようにしてパックリと穴が開いてます。

どうりでずっとお尻の辺りがムズムズしてたわけです(笑)

そんなわけで、そのトランクスは即ゴミ箱行き。
見事なオチがついてこの旅が終わったというわけです。

<以下、各編集後記に続きます>

地域限定キューピー:http://www.only-one.co.jp/02character/01kewpie/index.html

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/579-c9e1af5c

トラックバック

コメント

[C799]

>ほめさま
他のアジア圏航空会社は、機体だけでなくパイロットもアレですか(笑えない)
着陸後のバウンド・・・考えたくないですね(苦笑)
  • 2007-09-05 01:12
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C798]

まぁ、国内航空会社のパイロットは、他のアジア圏航空会社のパイロットより数倍丁寧だと思います。

基本、着陸してからバウンドするようなことがないですし。
  • 2007-09-04 17:39
  • ほめ
  • URL
  • 編集

[C797]

>ほめさま
なるほど、無事故の機体とは知りませんでした。確かに乗り心地は悪くなかったですね。ただ、パイロットがあまり上手でなく、着陸時にはガタン!と、かなりの衝撃がありました。あれだけは勘弁願いたいものです(英国に行った時の飛行機のパイロットは上手でした。いつの間に着陸したんだ?という脅威の無反動)

そういえば、ANAとの合同の便だったと。
  • 2007-09-04 13:23
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C796]

おー、767ですか。

いまだかつて一度も事故の報道を聞いたことがありませんな、この機体は。
私も出張貴族時代に何度か乗りましたが、結構乗り心地良いんですよね。
国内線にしちゃ、あんまり揺れないし
といっても、天気が良かっただけかもしれませんがw

まぁ、何はともあれ、私はANAフリークなのであります。(繋がりが見えんw
  • 2007-09-04 12:57
  • ほめ
  • URL
  • 編集

[C795]

>ほめさま
なるほど!そういうことでしたか!!ぃゃぁ、飛行機にはとんと疎いもので(恥)
「両側2席、中央3(4)席なら767」←これで間違いないと思われます。
  • 2007-09-04 12:12
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C794]

えっと、、、一列に席が何個あったか、なのですが。。。
まぁ、そんなことにこだわらなくても良いですかね(苦笑

左側3席、右側3席なら737
両側2席、中央3(4)席なら767

ですね。
  • 2007-09-04 11:36
  • ほめ
  • URL
  • 編集

[C793]

>ほめさま
ぃゃぁ、さすがに座席数までは覚えてないですねぇ。でも、そんなに大きくはなかったような気がします。
  • 2007-09-04 10:42
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C792]

AirDoでしたか。。
そして外れてましたねorz

席は何列ありました?
それ次第ですな。
座席数にかなり違いがあるので、そこで分かるかと。
  • 2007-09-04 09:02
  • ほめ
  • URL
  • 編集

[C791]

>ほめさま
AirDoの84便でした。B767か737のようです。
http://www.airdo.jp/flight/service/airplane.html
どちらだったかは、手元に半券など残っていないのでちょっとわかりません。

20分前でも間に合うんですかー、それは知りませんでした。もっと長く函館観光できたってことですねぇ、残念。国内線はパスポート不要ってのに、違和感を覚えました(苦笑)
  • 2007-09-04 01:20
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C790]

この機体はボーイングとお見受けしました。
いかがでしょう?

ちなみに、国内線なら、最近は20分前に搭乗手続きを済ませれば良いようになってます。
昔はもっと早かったんですけどね。
高度情報化の恩恵ってやつです。

北海道に行っている飛行機となると、747か777でしょうか。
あってたら万歳。
間違ってたら残念w
  • 2007-09-03 22:47
  • ほめ
  • URL
  • 編集

[C789]

>みずさま
どうもありがとうございます。今回の旅は、お金もかかりましたが、かかったお金以上に得るものも大きかったような気がします。実際、ジュニアスイートとかでかなり得してますけどね(笑)美瑛でのサイクリングは本当にオススメですよ!ご子息が大きくなられて、自転車を乗りこなすようになったら、是非、ご家族で一度体感してみて欲しいです。すっごく気持ちイイですよっ!

・・・オチは、つけようと思ってつけてるんじゃないんですけどね・・・。毎回なんとなくどこかで必ず何かが起きるんですよ・・・(苦笑)
  • 2007-09-02 22:11
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C788]

楽しく拝見しました。どこもステキな場所ばかりで、写真もとてもきれいでした!自転車の旅が、一番魅力的だなぁ♪
毎回旅の最後にオチがつくんですか?次回も期待してますw
  • 2007-09-02 20:12
  • みず
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 42 : 永福町概論
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム