Entries

旭川概論+霧多布概論 編集後記

 美瑛でのサイクリングの帰りに立ち寄った旭川。ここでの夕食では日本酒を飲みながら、ゆったりとした大変贅沢な時間を過ごしました。前回紹介しきれなかったお料理を2品紹介しましょう。左がアスパラとコーンのソテー。まぁ、フツーに美味しかったですね。でも、アスパラはやっぱり塩焼きにするのが一番美味しいと思います。旬の時期に出回る太めのアスパラを使うとサイコーですね。ご家庭のグリルでもできますので、是非一度お試しアレ。コーンは天ぷらの方が美味しかったです。あれは旭川での一番の衝撃だったかもしれません。刺身の盛り合わせもすごかったですが、食べてみての驚きではやはり、とうもろこしの天ぷらにかなうものはありません。揚げることであんなにも甘みが増すとは。焼きとうもろこしも美味しいですけど、これからは揚げとうもろこしが流行るかもしれませんよ。写真右はきのこのソテー。ま、特に多くを語る必要もないかな、と。

翌日早朝に札幌を出て、特急で釧路へ。その車中で食べた朝食がこちら、「石狩鮭めし」。ピントが合ってないので本編では使わなかった写真です。まぁ、鮭とイクラの親子丼ですよね、簡単に言えば。味も無難といったところでした。さて、釧路からさらに普通列車に揺られてやってきたのが茶内駅。駅員さんすらいない、寂しげな駅です。駅前のトイレとか、それはもう大変な異臭を放っていましたし、電話ボックス内の電話帳も無残な状態で、よくあれでタクシー会社に連絡できたなぁ、と自分でも感心してしまいます。中段写真左が、その茶内駅構内で、無人なのをいいことに大胆に線路をまたいで撮影したもの。良い子はまねしないように。それにしても、気持ちいいぐらいに真っ直ぐ伸びてますね、この線路。そんな茶内駅からタクシーに乗ってやってきたのが霧多布湿原。ここは本当にいいところです。是非また訪れたいと思います。夏場は涼しくていいんですが、虫が多いのが玉にキズですね。都会では見たことのないほどものすごく大きな蚊がいるんですが、大きすぎるせいか、結構動きがとろくてすぐに叩きつぶせます。しかし、刺されたが最後、こいつがもたらす痒みは都会のそれを凌駕します。まず、何がすごいって、痒みが3日後ぐらいになってから発生するんです。しかも、それが数日間痒いまま。これには参りましたよ・・・。

 逆光になってしまっている写真は「蝙蝠草(コウモリソウ)」と呼ばれているものです。葉っぱが非常に大きく、これが風に揺れている様が、ちょうどコウモリが飛んでいるところに見えるのだとか。実際、コウモリがこの葉っぱの下で翼を休めていることもあるんだそうですよ。見ての通り、非常に大きい草です。2m半ぐらいありますかね。でも、成長が早いらしく、ここまで成長するのにそう長くはかからないそうですよ。そのお隣の紫の花も湿原に咲いていたものです。名前は・・・忘れました。とにかく、本当に風光明媚なところです、霧多布。そして人が温かい。またあの、笑うところじゃないところでよく笑うおばちゃんに会いたいです(笑)会って一緒にお茶を飲みながら笑いたいです。そして、今度は岬の方にも行きたいですねぇ。そのときには、霧が晴れていることを願うばかりです。

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/583-431a56e2

トラックバック

コメント

[C807]

>ほめさま
舞茸はまぁ、フツーでしたが、駅弁ってのは旅情も加わると通常よりも美味しく感じられますよね。
  • 2007-09-06 12:55
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C806]

あぁ。。。。

舞茸がぁ

海鮮親子がぁ



あぁ( ̄¬ ̄)じゅるっ
  • 2007-09-06 10:50
  • ほめ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム