Entries

T岡御所 <真夏> 前編

 この夏も例に漏れず、お盆の時期に帰省しました。うまくラッシュを避ける日程を組み、さらに夜に運転をすることによって、渋滞はほぼ皆無。帰宅時に、途中やけにノロノロ運転する車がいて、なにしてんだろうなぁ、と思ってイライラしながら見ていたら、どこからか脱走してきたらしい犬がひたすら一般道を東京方面へ向かってダッシュしていました。大迷惑。危うくひかれそうになってたりしました。ああいうときの犬ってどういう気持ちなんでしょうねぇ。球場に入り込んでしまう野球ファンみたいな感じなんでしょうか。ま、それはともかく、無事に保護されたことを願うばかりです。それにしても、この夏は暑かったですね。山の上といえども、日中は激しい猛暑に見舞われ、日差しも強くて、散歩に出かける気にもなれませんでした。夜は比較的涼しかったんですが、基本的に寝苦しいことに変わりはありませんでした。なかなか下がらない気温。鳴き止まないセミ。ようやく静まり返った深夜。屋根にカツカツと落ちてくるどんぐり。自然って、素晴らしいですね(涙)そんなわけで、今回はあまり外に出ず、屋内で文献に目を通したり、高校野球を見たりしてる時間の方が多かったです。今年の高校野球は面白かったですねー。佐賀北高校に始まり、佐賀北高校に終わる大会でした。まさかあそこで逆転満塁弾が飛び出すとはねー(ま、そのときには既に帰宅してましたけども)。

実家では様々な野菜を育てているんですが、この時期はスイカととうもろこしが抜群に美味しかったですね。そのスイカも、売り物にしたら安く見積もっても2000円~3000円くらいはしそうなぐらい、大きくて、そしてなにより甘い!!たくさんあるのをいいことに、ほぼ毎日ガツガツ食べてしまいました。他にもトマトやきゅうり、そしてオクラが美味しかったですねー。昔、こんなにオクラ好きじゃなかったんですけど、大人になってなぜだか好きになりましたね。なんなんでしょうねぇ。あのネバネバがいいんでしょうかね。今日も食べました。パスタと和えてもイケるんですよ。そうそう、話はがらりと変わりますが、実家ではアレにも出会いました。文字に起こすのもおぞましい、ちょっと懐かしい言い回しをすれば「盛夏の黒い恐怖」です。風呂上りに半裸の状態で遭遇。ぎょっとしながらも落ち着いて殺虫剤を噴射してやったら、逆襲とばかりに飛びました。飛翔されました。まったく迷惑な話です。飛翔し続けるそのおぞましき翼に向かって、ひたすら殺虫剤を噴霧。噴霧。そして噴霧。見事な捕り物でした。が、ううぅぅ、思い出しただけでも気持ちが悪いぃぃ。。。自宅の方では最近全く見かけていなかったので、余計に記憶に残ってしまう戦いでした。

 さて、気を取り直して次の話題。今回撮影できた写真はほんのわずかなんですが、その中でもこのユリの写真は、非常に良く撮れたなぁと自画自賛しております。パネルにしてどこかに出展したいぐらい。見てください、この陰影。まったくの偶然の産物ですが、素人でもここまでできるんだなぁ、と。何かを訴えかけてくるかのようです。玄関先に咲いてたものをさっと撮っただけなんですけどねぇ。花って、いいですよ、やっぱり。その他の写真もご紹介しておきましょう。上段写真左は「花魁草(おいらんそう)」。花の香りが花魁(おいらん)の白い粉の香りに似ているからこの名前になったとか。10月17日の誕生花で、花言葉は「合意、一致」だそうです。上段写真右は・・・・・・なんでしょう?これ。よくわかりません。情報求ム。中段写真は・・・・・・これもなんでしょうね。アスパラっぽい茎なんですが、ツボミの状態ですし、ますますよくわかりません。そして下段写真がユリと・・・・・・なに?(←そればっかだな。笑)山の中を散歩しているときに見かけた花です。つる性の植物でした。情報求ム。

夏のT岡御所の魅力は、このような花ばかりではありません。(次回へ続きます)

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/585-4f599a83

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム