Entries

霧降高原概論 編集後記

 思えば「合宿」というものに参加するのは、約5年ぶりのことでした。しかも今までに体験していた「合宿」というのは、全てスポーツメインのものだったので、今回のように勉強をメインにした「合宿」というのは初めてのことでした。今回は1冊の本を決め、各参加者に担当ページを割り振り、それぞれ発表するという、まあよくある形式だったんですが、私自身の論文にも少し関連する部分もあったので非常に参考になりました。なにより、私以外の参加者の皆さんがどの方もスゴイ方々ばかりで、3日間恐縮しっぱなし(汗)特に、先生を我々だけでこの期間独占してしまうというのはものすごい贅沢でした(しかも運転までしていただいて・・・)。そして今回は数々の名言も生まれました。「モダン/ポストモダン」「上流民間人」「音声は聞いていない。意味を聞いている。」などなど・・・。とにかく、非常に有意義で、楽しい合宿でした。後日、先生にお会いしたときにも「楽しかった」というお言葉が頂戴できて、こちらも嬉しくなりました。ぃゃ、私はあくまでも一参加者に過ぎず、合宿の計画とか運営とかには一切携わっていないんですけどね。なので、ホント、中核になって今回の合宿の計画と運営をしてくださった皆さんには感謝してもしきれません。どうもありがとうございました!!

スポーツの「合宿」のときは、ひたすらそのスポーツをするだけの合宿で、そのほかに観光したりとかっていう経験は皆無だったんですが、今回は観光も楽しむことができて、そういう意味でも非常に有意義だったなぁと思います。特に良かったのが「日光田母沢御用邸記念公園」。正直、その存在すら全然知らなかったんですが、ここは本当に興味深いところです。全106室という非常に大規模なものなんですが、その屋根が上段写真のように銅板製の屋根によって途切れることなく全て繋がっているんです。それだけの規模ですから、窓も相当数あるわけで、その開閉にはかなり骨が折れるそうです。この窓に使われているガラスも手作りのものが使われているところがあって、よく見るとゆがんでるんですよ。そしてそのゆがみがなんともいえない風情を醸し出しているんです。そんな窓には当然雨戸がついていて、この雨戸一つとっても、何種類かパターンがあって実に面白い。横にスライドさせて戸袋にしまうよく見る形式のものだけでなく、上から下ろしたり、下から上げたりする形式のものもあるそうです。それから、“御用邸”という言葉からもわかるように、各部屋の名前も皇室仕様になっていて面白かったですね。例えば、いわゆるリビングや居間などと呼ばれている部屋は「御座所」。勉強部屋や書斎などと呼ばれている部屋は「御学問所」といった具合。御学問所って!うちもこれからは書斎をそう読んでいこうと思います。ちなみに写真の丸窓があるのがその御学問所だそうです。

 しかし、その究極形はやはりこのお部屋でしょう。ビリヤード台が置いてあるお部屋です。“明治の初めから皇室では、諸外国との交遊のために、ビリヤードを嗜んでおられました”とのことで、このようなお部屋があるらしいんですが、通常ならプレイルームとか、遊技場とかいったところでしょうか。あるいは撞球室とか御撞球所なんていうのかなぁと思っていたら、なんと、「御玉突所(おたまつきじょ)」。おたまつきじょって!!どんだけ優雅な言い方ですか、と。おたまづきじょですよ、奥さん。私のような下流民間人には縁のないお言葉で、大変驚かされました。他にはまず一般家庭にはない「謁見所」というのもありました。いわゆる玉座も置かれていて、それだけで一種荘厳とした雰囲気がありました。中庭も多数あり、中庭と中庭を繋ぐ地下通路もあったりして、それも興味深く拝見しました。少し離れたところにはお茶屋さんもあって、そこで楽しめる抹茶と羊羹もまた絶妙でよかったですね。「一口塩羊羹」は、“一口”というだけあってあまり大きくないのがちょっと残念でしたが、味の方は抜群でした。

そういうわけで、今回の合宿は大変見事な流れで、まさにさすがの一言に尽きます。感服。感激。感動。関係者の皆さん、本当にどうもありがとうございました☆宿も貸しきり状態で概ね快適でした!料金的にもかなり抑えていただいたとかで、非常に良心的。ただし、その分、合宿ということで若干の制限はあるようなので、これから利用しようと思っている方は要注意ですね。特に、浴衣とタオルが付きませんので準備をお忘れなく(浴衣はともかく、タオルは欲しかったなぁ)。卓球は、頼めばひょっとしたらできたのかもしれませんが、合宿ということであれば通常は使用不可のようです。温泉も今回は時間制限がありましたが、通常は貸し切りなんかもできるみたいですよ。あれだけの広さを貸しきれるのは、かなりイイですね。お料理も通常メニューは結構評判がいいみたいです。合宿メニューの場合は、まぁ、料金的にかなり抑えてますから、いわずもがな。高校生とか大学生とか、食べ盛りの方には嬉しい感じなのかもしれません(「合宿」だしね)。ただ、パンが売りとのことだったので、夜にパンを食べたかったなぁ・・・。そして最大の注意点がプロジェクター。パワーポイントなどを使用する場合には、自分でプロジェクターを持っていった方が無難かもしれません。

ぃゃぁ、しかし、今回はいろんな意味で勉強になりました!言論の自由、表現の自由って大事ですよね!杉山さんと記者クラブの皆さんのお気持ちが本当によくわかります!本当にどうもありがとうございました!!

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/590-1629b4ca

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム