Entries

T岡御所 <初秋> 3

 お彼岸に仕事が入ってしまったせいで、お墓参りのために帰省することができないため、今回は少し早めのお墓参りを済ませる、という目的もありました。といっても、かなり略式で、お線香を供えて拝むだけだったんですが、まぁ、しないよりはいいかな、と。それにしても、結婚して一番変わったと私が思うのはこういう年中行事に対しての姿勢ですね。幸い、車で数時間で行けるところに実家がありますし、いずれはそこが私の住処になる可能性もないわけではないわけで、そうすると、今のうちから少しずつやれる範囲でやっていくべきだろうなぁ、と。っていうか、お金さえあれば、今からでも実家に引っ込んで土いじりをしたいんですけどね。なかなか人生そう簡単にはいきません。ご先祖様のお力を拝借して、この窮地を一刻も早く脱したい!という低俗な考えでお墓参りしても、効果は期待できないでしょうかねぇ、やっぱり。自分でなんとかせぃ!と、言われそうです。ま、これを叱咤激励と解釈しましょう。もうしばらくは実家を離れて頑張らないといけない毎日が続きそうです。そんな覚悟を決めたかどうかはわかりませんが、リラックス&リフレッシュ+お墓参りという目的を無事達成できた我々は、この夕方の散歩の後、夕食を食べてから帰路に就いたというわけです。

そういえば裏山には、紫色と橙色、2種類のコスモスが咲いていました。「秋桜」と書いてコスモス。もう秋なんだなぁ、と感じさせられます。他にも栗、サツマイモ、梨と、食べ物で秋を感じる今日この頃。帰宅時には生姜を大量にもらいました。新生姜としてはもう最後の時期ではないでしょうか。随分立派な生姜でした。半分は嫁さんの実家に後日お届けしたんですが、それでもまだたくさんあります。試しに残った半分を計測してみたら、400g近くもありました。生姜だけ400gあっても、まさにしょうがありません(うわー、石は投げないでくださいっ)。そこで思い立ったのが、「ジンジャーエール」です。あの黄金の炭酸水を、自分で作ることはできないものか、と。ネットで検索をかけて、様々なレシピを検証。その結果をまとめ、私なりに作ってみました。1.新生姜の表面を料理用の小型のタワシや割り箸などでこすって汚れと薄皮を取り除き、スライスします。2.スライスした生姜を鍋に入れ、ひたひたになるまで水を入れて、強火にかけます。3.沸騰したら弱火にして、水が半分くらいに蒸発するまでゆっくり煮詰め、生姜のエキスを抽出します。4.砂糖・はちみつで好みの甘さに調節し、レモン1個分の絞り汁、シナモンスティック・クローブ・赤唐辛子を適量投入。5.再度水を加えてまたちょっと煮詰めます。6.粗熱をとって、ビンに詰めて冷蔵庫で1週間ほど寝かせて完成!飲みたいときはこれを炭酸水等で割ればOKです。1ヶ月~2ヶ月ほどは保存できるとか。残った生姜も、生姜焼きに使ったり、クッキーに混ぜたりして使えるそうです。そのまま食べても意外にイケるんですよ。熟成前のできたてのものをちょっと試飲したんですが、赤唐辛子はいらなかったかもしれませんね。飲んだ後にピリっとします。それが好きという方にはオススメしておきますが、保存するときには赤唐辛子は抜いておいた方が無難でしょう。

 以前もらったサツマイモもまだ大量に残っていたので、今日残り全てを芋羊羹にしてしまいました。無添加無着色。サツマイモと砂糖しか使いません。1.サツマイモをよく洗い、蒸し器にかけます。2.蒸しあがったら、熱いうちに皮を剥き去ります。3.裏ごしします。4.裏ごしされたサツマイモを鍋に入れ、砂糖を適量投入し、中火にかけます。5.焦げないようにかき混ぜながら熱していくと、熱せられた砂糖が溶け出してツナギの役割を果たし、全体がだんだんまとまってきます。6.いい感じにまとまってきたら器に移して粗熱をとってから、冷蔵庫へ入れ、冷やして完成!書けば簡単そうですが、裏ごし、超面倒です(笑)あまりにも大量にやったために、今日、裏ごし器に穴が開きました。ぎゃふん。ちなみに、できあがった芋羊羹の一部をボウルに移し、そこに牛乳を少しずつ混ぜ加え、いい感じのゆるさになったところで、これを何かいい容器に移して冷凍室で凍らせれば、即席サツマイモアイスもできちゃいます。私は、さらにそこに先日作っておいた栗の甘露煮を混ぜ込み、秋味のアイスを完成させました。今、冷凍室で凍らせているところです。どんな味になるんでしょうか、今から楽しみです。

途中から、我が家の収穫物を使ったレシピ紹介になってしまいましたが、ま、それも一興かな、と。料理に関しては母親譲りのいい加減さなので、めったに計量はしません。いつも「だいたい」で料理しちゃうので(笑)ま、これからも気が向いたら、私の気まぐれレシピを公開していこうかと思います。そんなわけで、このblogの新しい方向性を見出すという、意外な結果をもたらしてくれた、今回の帰省でした(ちなみに最後の写真は、裏山の頂上から撮影したT岡市上空の夕景です)。

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/597-1a2da90b

トラックバック

コメント

[C815]

>remika姉
嫁さんが持っていた料理本に載っていたレシピが、たまたま寒天を使わないものだったので、それなら裏ごしをした方がいい、ということになったわけです。裏ごしって、確かに面倒ですが、快感ですよね(私だけ?)

鬼皮だけ剥いて、渋皮は剥かない、確かに難しそうですね。でも、まぁ、散々剥いてきたので、きっと何とかなるでしょう。甘露煮はなかなかいいですよ。美味しい。今度はこれをアイスクリームにしてみようかと画策中です。
  • 2007-09-22 01:26
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C814]

まめだなぁ。。。。
裏ごしなしよ。我が家の場合。
芋ようかんは裏ごしなしのつぶした芋に寒天+砂糖。

そうそう、栗の渋皮煮は数年前に作ったけど、渋皮を破かないように厚い皮だけ剥くというのも、それはそれで大変でした。
渋皮が破けると、煮崩れしやすいんだってさ~。

甘露煮は、作ったことないわ。
  • 2007-09-21 23:43
  • remika
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム