Entries

ダムカード

さて、いかがだったでしょうか、今回の「紅葉を愛でる」および「水上温泉宿に泊まる」シリーズ。本編では載せきれなかった、このままお蔵入りさせるのにはあまりに惜しい各ダムの写真を見ながら、振り返っていこうと思います。上段の2枚は「藤原ダム」。中段の2枚は「奈良俣ダム」。下段の2枚は「矢木沢ダム」。宿での写真も含め、まだまだ他にも写真はあるので、そのうちどこかで使おうと思います。さて、降りしきる雨の中、藤原ダムを訪れたときのことです。欄干部分に貼り紙がしてあり、そこには「ダムカード配布中!管理所までお気軽にお声かけください」というようなことが書かれていました。ダムカード?はて、ダムカードとは何ぞや?と思ってよくよく見てみると、名刺サイズのプラスチックのカードで、表面にはダムの写真、裏面にはそのダムの細かいデータが記載されていて、基本的にはそのダムの管理所でしか手に入れられないものだとか(しかも無料!)。これはもう手に入れるしかないでしょう!ということで、人影もない藤原ダムの管理所へ。鍵が閉まっているかと思ったんですが、何とか開いていたので、中に入ってインターホンを押すと、中から職員の方が出てこられました。「ダムカードを・・・」と言うと、「あぁ、はい。」と言って、噂のダムカードを持ってきてくれました。後で調べたところによると、平日のみの配布らしいんですが、ラッキーでした。

 その職員さんによると、奈良俣ダムでも配布しているということだったので、翌日訪れた奈良俣ダムでも捜索してみたんですが、それらしき表示は見当たらず。嫁さんが売店のお姉さんに聞いたところによると、大変好評で全て配布しきってしまい、現在は配布していないとのこと。確かに、これだけ観光化されたダムで無料で記念品がもらえるとあれば、大してダムに興味がないであろう一般観光客ももらっていくに違いありません。まったく、悔しい思いをしました。もっと早くこの情報を入手しておけばよかったですね。後で調べたところによると、まず独立行政法人水資源機構が管理しているダムのうち数ヶ所で2007年7月20日から配り始め、その後、さらにそれが拡大し、国土交通省管理のダムも配りだしたのだとか(電力会社が管理しているダムでは配られていないらしい)。最近のことだったんですねぇ。そのうちきっとタモリ倶楽部とかで取り上げられて、大人気になってしまうんでしょうねぇ。

そして最後に訪れた矢木沢ダム。ここの展望台では職員さんが案内をしていたんですが、なんと!そこでもダムカードを配っていました(しかも机の引き出しの中に隠されていました!)これで2枚目のダムカードゲットです!!そして我々はこの職員さんからさらに詳しい話を聞くことができました。このダムカードは、地域学習のようなもので訪れた学生・生徒にも配布しているとかで、そういうイベントがあるときには大量に配布されるために一気になくなるのだそうです。また、管理所に在庫がある場合もあるとかで、展望台や資料館でもらえなくても、管理所に直接出向くともらえるケースもあるかもしれない、とか。くそー、それを知っていれば奈良俣ダムの管理所まで行ったのに・・・(奈良俣ダムでは管理所がやや離れたところにある)。その他、昨年訪れた相俣ダムや草木ダムでも配られているとか。また行かなきゃです。

 完全に余談ですが、この職員さんも相当のダムマニアとお見受けしましたね。ダムカードの話になると非常に興奮した様子でした(笑)

水資源機構:http://www.water.go.jp/
ダムマニア:http://dammania.net/index.htm
ダムカード一覧:http://dammania.net/damcard/index.html

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/640-5b84450b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム