Entries

国民の休日のこと

職場で使うカレンダーを自作しようと、WORDのカレンダーウィザードを起動。さすがに祝日までは自動で入力してくれないので、自らキーボードを叩くことになります。で、えーっと、どこが何の日だっけなぁ、とおぼろげな記憶を手繰り寄せつつ、ネットで検索しているうちに、興味深い事実を発見しました。「みどりの日」が「昭和の日」になり、「国民の休日」が「みどりの日」になった、ということは皆さんも既にご存知のことと思われますが、じゃぁ、「国民の休日」はどこへ消えたのか、と。

実は祝日法の一部が改正されたということで、前述の2つの休日の名前が改称されたんですが、これにはさらに2つの重大な休日のシステムがからんでいたんです。1つは振替休日について。それまでの振替休日は月曜日に固定されていたため、例えば5月4日が日曜日の場合は翌5日の月曜が振替休日であり、かつ祝日(こどもの日)でもあるという非常に残念なことになっていました(最近では2003年)。しかし、この法改正によって月曜固定から“祝日直後の平日”に改められたため、2008年の5月4日は日曜日にあたるんですが、その振替休日が繰り越し繰り越して5月6日になるんです!ぃゃー、気づかなかった。

そして、もう1つ。「国民の休日」の定義は“2つの祝日に挟まれた日”ということらしいので5月4日が「みどりの日」になったために消えてしまったわけですが、実は2009年には「国民の休日」が復活しそうなのです。しかも9月に!いわゆる“ハッピーマンデー制度”に伴い、「敬老の日」が9月の第3月曜日になりましたが、2009年の「敬老の日」は9月21日。そして「勤労感謝の日」が9月23日。2つの祝日に挟まれることになるため、22日が「国民の休日」になるんですね!しかも20日が日曜日ですから、なんと4連休!土曜も休みなら5連休です!秋にもGWがあるなんて、素晴らしすぎる!(ただし、「春分の日」と「秋分の日」は政府が決めるらしいので、まだ確定ではないようですが、天文学的には間違いないようです)

さらに検索を進めてみると、どうやら「国民の休日」を使って休みを増やそうとする構想はまだ他にもあるようです。例えば、11月。「体育の日」を11月1日に、「勤労感謝の日」を11月5日に移すことにより、11月3日の「文化の日」と合わせて、11月2日と11月4日を「国民の休日」にしてしまおうという動きもあるそうです。まぁ、異論が多くて実現しないとは思いますけどね。ただ、実現すれば2010年には超大型の9連休もありえます。簡単に言ってしまえば、秋休みですよね。でも、秋は旅行には最適のシーズンですし、経済効果もかなりありそうですから、悪くない考えだと思います。ま、教育業界はてんてこ舞いになりそうですけど。

他には5月1日をメーデーとして祝日化して4月30日と5月2日を「国民の休日」にしてしまおうとか、12月25日を大正天皇祭(大正天皇崩御の日で、1927年から1947年まで休日だったらしい)となんとか関連付けて祝日にし、天皇誕生日の12月23日と挟まれる12月24日も休日にしてしまおうとかっていう構想もあるにはあるらしいです。事実上のクリスマス休暇ですよね(ただし、クリスマスとして祝日にすることは憲法に抵触する可能性もあります)。これらもまた、経済効果は計り知れないでしょうなぁ。そして、教育業界はてんてこ舞いになるわけです。

国民の休日:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E6%B0%91%E3%81%AE%E4%BC%91%E6%97%A5

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/658-f3d5585a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム