Entries

ポン酢の哲学

12月も近づき、朝晩の冷え込みが激しくなってきた今日この頃。この時期に食べたいものと言えば、やっぱり鍋料理でしょう。先日、我が家でも水炊きをしたんですが、なかなか美味しかったです。さて、そんな鍋料理の場で大いに活躍してくれるのが、お馴染みの「ポン酢」です。最近では様々な種類も発売されているようで、先日某TV番組では、利き酒ならぬ“利きポン酢”をやってました。ご覧になった方もおられるかと思います。先日の我が家の水炊きで活躍してくれたのは、その中でもおそらく一番馴染み深いであろう、“あのポン酢”でした。

さて、それではあのポン酢を使って水炊きを食べようかなと、あのポン酢の瓶に手を伸ばしたときのことです。その瓶の首のところに、襟巻きとでも言えばいいのでしょうか、ちょっとした紙が巻かれていまして、そこには様々なポン酢の使い方が写真で紹介されていました。鍋料理以外にも、こんな風に使うと美味しいですよ、というようなことです。3つほど紹介されていた中に、「シュウマイ」がありました。

「シュウマイ」と言えば、私が以前からずっと一度は自分で作ってみたいと思っている料理の一つです。これをしょう油ではなく、ポン酢でいただくというのも、確かに美味しそうです。餃子よりも肉々しくなりがちなシュウマイでも、ポン酢ならばそのサッパリ加減でうまいことお肉の脂っぽさを緩和してくれることが期待できます。なるほど、と思いながらよくよく見てみると、どうやらこの紹介が書かれている襟巻き部分を取り外し、裏面を見るとそこにはもっと詳しいレシピが書かれているようです。さっそく取り外して、裏返し、シュウマイの説明文を読みました。↓










1.シュウマイを蒸します。










待て待て待て待て。










これは面食らいました。まさかの既製品任せ。そこに暗に含まれた「既製品を買ってきなさい」「シュウマイなんて、自分で作るの面倒ですよ」と言わんばかりのまさかのレシピ。しかも、第2の工程はポン酢をつけて食べるだけ、という脅威の2段階構成。

やっぱり、ポン酢は“あのポン酢”に限るな、と思わされましたね。皆さんも、シュウマイを食べるときは是非、“あのポン酢”をお使いください。

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/663-e5cd36ea

トラックバック

コメント

[C939]

>remika姉
お、シュウマイレシピ、どうもです!なるほど、意外に簡単そうですね。餃子より楽だわ。今度早速やってみることにします。疲れた体には豚肉のビタミンパワーも効きますからねー。
  • 2007-12-01 01:29
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C938]

しゅうまい。簡単です。
材料:豚ひき肉・玉ねぎ・ショウガのしぼり汁・塩コショウ・片栗粉
ぐちゃぐちゃ混ぜて皮に包んで蒸せば出来上がり。

包むのも、餃子より簡単デス。
ずいずいずっころばしの手の形の中に、シュウマイの皮を突っ込みます。(つぼ型になる)
そこにタネを押し込み形を整えるだけ。
グリンピースはなくたって大丈夫です。

大きな食べ応えのあるシュウマイができますよ~~~。

私はやっぱり辛子醤油がいいなぁ
  • 2007-11-30 23:54
  • remika
  • URL
  • 編集

[C937]

>ほめさま
山形牛!!
肉汁ジュワァ~、たまりませんなぁ><!
  • 2007-11-28 18:48
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C936]

いや、まじで良い肉つかってますよ。

なんせ、山形牛ですから。
箸を入れた瞬間に肉汁が「ジュワァ~」と溢れてきます。

  • 2007-11-28 16:45
  • ほめ
  • URL
  • 編集

[C935]

>ほめさま
おぉ!五反田にあるんですね!懐かしき五反田概論を思い出します。。。しかも電話番号が、2914で「ニクイーヨ」って(笑)ぃゃぁ、でも、ものすごく美味しそうですね。写真見てるだけで、よだれが・・・。
  • 2007-11-28 01:11
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C934]

http://www.meatyazawa.jp/

↑金曜日に行ってきました。
まったく関係ないですが、すんごい美味しいです。
ハンバーグランチが平日は1000円、土日祝祭日は1200円。
ここのハンバーグ、「お肉」って感じです。
すっごいボリュームです。オススメ。
  • 2007-11-27 21:50
  • ほめ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム