Entries

「Final Fantasy 3」の話

大したネタもないので、そういえば随分前にクリアしておいてレビューの一つも書いていなかった「Final Fantasy 3(DS版)」について、ここらで一つ書いてみようかなぁという気になりました。そんなわけで、ゲームに興味のない人は読み飛ばしてやってください。

思い出
実はこの「Final Fantasy 3(以下、FF3)」は、私がFFシリーズにはまり込んだきっかけとなった作品でもあります。小学生だった当時の私は、このおかげでゲームという世界にどっぷりとはまり込んでしまったわけです。非常に思い出深い作品ですね。オリジナル版がファミコンで発売されてから16年!他のFF作品が次々にリメイクされていく中で、最後までリメイクされることのなかったファミコン作品がDSで動いたときの感動たるや、えもいわれぬものがありました。FF3はこれ以降の作品の定番ともなる様々な要素が凝縮されているので、やはり、この作品をやらずに他の作品をやることはまかりならないような気がします。例えば、おなじみの召喚魔法はFF3が初出ですし、状態変化魔法に「トード(カエル)」や「ミニマム(こびと)」があるのは、このFF3に出てくるダンジョンで必要になるものなんですよね(こびと状態でダンジョンを進まなければならない恐怖感はなかなかのものでした)。隠し通路を発見したときの喜びなんて、小学生当時の私にはたまらない快感でしたね。そして数々の裏技、バグ、データが消えたときのショック。。。この作品はホント、幼少期の私に多大な影響を及ぼしてくれました(そして今もその影響は尾を引いているわけです)。

改善?改悪?
リメイクするにあたって最も大きな変更点は2つ。3D化と主人公のキャラ設定。どちらも概ね改善と受けとめて問題ないと思います。2Dドット絵の独特の雰囲気は3D化されても充分伝わってきます。むしろ鮮明になるぐらい。キャラ設定も最初は馴染めず違和感を感じましたが、主人公4人が物語序盤で集う自然な流れを作るのに一役買っているという点では評価できるかと思います。が、やはりこの物語全体的に言えることですが、展開が少々強引過ぎたり速すぎたりするところがあるのは否めません。もともとがファミコンですから、それはしょうがないことかもしれませんけどね。また、ダンジョン内でセーブができないのも、そのままリメイクされているのには、嬉しい反面ちょっとぐらいなんとかならなかったのか、とも思わされました。相変わらずラストダンジョンはオニでした(笑。2ヘッドドラゴンの強さもそのままでしたね!笑)ま、これはファンサービスと受け止めましょう。FF3ならでは、ですからね。これ、逆にセーブポイントを置こうものならおそらくもっと叩かれてたでしょう。本気でフルリメイクするならもっとできたと思うんですよ。新しいイベントをはさむとか、ムービーを差し込むとか。でも、それを敢えてしなかったんだと思います。基本に忠実、というところでしょうかね。大筋はそのまま、細かいところを改める、と。だから、ジョブとアビリティに若干の変更がありました。賢者の使う召喚魔法が弱体化してたのには参りましたね・・・。逆に吟遊詩人は鬼と化す場合もあるらしいですけど。

総評
FF3のオリジナル版をプレイしたことのある人には、文句なくオススメできる作品だと思います。あの頃の思い出が甦る!という快感を間違いなく味わえるでしょう。オリジナルとの変更点も楽しみながら寛大な心でプレイするのが大事ですね。しかし、近年の親切なRPGに慣れてしまっていて、しかもオリジナル版をプレイしたことのない人には、微妙と言えるかもしれません(特に後半)。また、“モグネット”関連イベントが結構面倒で、特に「たまねぎ剣士」には苦労させられます。通信がかったるいという人はヤキモキするかもしれません。クリア後にもっと壮大なダンジョンがあるとか、そういうのに期待していると、見事に裏切られます。とはいえ、全体的にはバランスの取れた良作と言えるでしょう。特にDSを手にすることの多い小中学生あたりにはより馴染みやすい感じになっていますね(思えば私もオリジナル版の頃は小学生でしたし)。FFの原点を知らない現代の子ども達に向けた、スクエニの策略、という感じです。これを機に、FFの世界に浸ってみたい、という大人にもオススメ。

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/665-9e7c3a82

トラックバック

コメント

[C941]

>田舎物殿
確かに、このDS版のFF3は、本編に関係のない部分とはいえ、通信でしかできないことが結構あるので、二の足を踏まれる方は多いかもしれませんね。私もネットで知らない人と通信をするという大胆な行動を久々にやりました(笑)

FFTはA2のことですかね?今、まさにやってますが、こっちの方は通信の比重は全くと言っていいほど高くないので(ほぼ必要なし)、年末年始の息抜きにオススメしときます(息の抜きすぎに注意ね(笑))
  • 2007-11-29 01:23
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C940]

友だちもいなければ、家に引きこもりの人にはどうしても通信系とか協力系のイベントがあるゲームに二の足を踏みます。
そんなこんなで、FFTも買わなかった田舎物です。
  • 2007-11-29 01:09
  • 田舎物
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム