Entries

家庭内別居と葛根湯

先々週の終わりごろ、嫁さんの体調が突然崩れました。俗に言う“お腹にくる風邪”というヤツでした。嫁さんがイギリスから帰国した頃にも同じような症状になったことがありました。「ウィルス性腸炎」。当時は嫁さん以外にも私の知り合いだけでかなりの人たちが感染していました(なぜか私は平気でしたが)。おそらく今回もそれだったのではないか、と思われます。とにかく上から下からの大騒ぎです(お食事中またはその前後の方、失礼いたしました)。流行に注意というニュースもようやく報道されたようです。

しかし、これは単なる前兆に過ぎませんでした。一応、お腹の方は回復したものの、全体的に抵抗力が落ちていたのが響いたようで、今度は普通に風邪をひいてしまいました。咳、鼻水。それが一週間ほど続いた後、先週末、完全にダウンしてしまいました。その日の夕方から発熱。翌日曜日には39℃という高熱に達しました。火曜日ぐらいになってようやく熱が引いた頃には、関節痛にも襲われたそうです。その後、関節痛の症状は治まったものの、現在も時折咳き込み、また鼻水も少々出て、若干の鼻声という、完全には治りきっていない状態です。推定回復率70%といったところでしょうか。

今思えば、「インフルエンザ」だったのかもしれません。この2週間でウィルス性と思われる病気に2つもかかってしまった嫁さん・・・。さすがに仕事を休まざるを得ず、ボスから直々に1週間のお休みをいただきました。関係者の皆様には多大なるご迷惑をおかけしたことを、ここに嫁さんに代わってお詫び申し上げますとともに、厚く御礼申し上げます。本当にどうもありがとうございました。皆様もどうぞご自愛ください。

一方私はと言えば、ひたすら看病の日々。仕事から帰ってきてすぐに夕飯の仕度に取り掛かり(もちろん、病人用特別メニューも作りました)、食べ終われば後片付け。夜のうちに洗濯機を回し、室内干しをして寝る。そして翌朝、一人で朝食の準備をして出かけ、帰ってから片付けてまた夕飯・・・。実は私もやや風邪気味で、嫁さんほどひどくはないものの、咳と鼻水が少々出る状態がずっと続いていました。しかし、ここで私も倒れては誰も嫁さんの面倒をみる人がいなくなってしまいます。私は自身の抵抗力を高めるべく、ひたすら葛根湯を飲んで寝る毎日でした。葛根湯がなければ今頃は私もどうなっていたかわかりません。

また、寝る場所も嫁さんは暖かい寝室でふかふかのベッド。一方私は書斎に薄い布団を敷いてタオルケット1枚と厚めの掛け布団1枚。毛布はなし。寝る前にはハロゲンヒーターで室内を暖めてから寝たので、さほど問題はなかったんですが、朝方の冷え込みが尋常じゃなく、寒くて目が覚める毎日でした。よく風邪が悪化しなかったと思います。ホント、ギリギリのところで発熱だけは免れるという私の体質と葛根湯に感謝ですね(泣笑)

料理をするのは好きですし、今は仕事にも余裕があるので、家事はさほど苦にはならなかったんですが、家の中に病人がいるというのは何とも心苦しいものです。しかも、うちの場合、嫁さんと私しかいませんから、片方が病気になれば自動的にどちらも孤独になってしまうわけで。健康というのは、ホント、何にも替えがたいものです。風邪かな?と思ったら、即、葛根湯で撃退しましょう。ちなみに、嫁さんはこの葛根湯がえらく苦手です。私は結構好きで、お湯に溶かしてお茶代わりに飲んでから寝てました。そうすると、布団に入った後でも体がポカポカしてくるんですよねぇ。

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/682-68568a96

トラックバック

コメント

[C968]

>田舎物殿
えーっと、是非その前に誰かに助けを求める方向でお願いします(汗)
もしくは自己治癒力で(ぇ?)

>みずさま
こちらこそお世話になりました。どうもありがとうございました!私のはきっと単なる食べすぎだったのではないか、と今になって少し思いますよ(笑)私の風邪が悪化しないまま長引くのは一部の人の間では有名なことでして、私も毎年のことと半ばあきらめております。無理に治そうとせず、うまく付き合うのも病気への対処の一つかな、と。葛根湯のような漢方薬は、人間の持つ治癒力を緩やかに高めるだけで、即効性はないですからね(その代わり副作用もありません)。サッと治したい方には向かないかもしれません。ま、夜更かししてないで早く寝るのが一番なんですけどね(笑)

  • 2007-12-17 00:39
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C967]

昨日はお疲れ様でした!主宰さんも、まだ治りきっていなかったんですね。いつも本当にありがとうございます。
主宰さんの最初の腹痛は、ちょこっと腸炎ではなかったのでしょうか?何しろ、すぐに治るのは回復力があるからですね!悪化しなくて本当に良かったです。まだ治りきってないとのこと、くれぐれもお大事になさってくださいね☆
葛根湯、効きますか?私も念のため飲んだりしますが、効いてるのかイマイチ実感を得ないでいます^^;体質によって、合う薬も違ったりするかもしれませんけどね。私は解熱剤以外はあんまり信用してないので、とにかく寝ますw
  • 2007-12-16 11:12
  • みず
  • URL
  • 編集

[C966]

うちの場合、きっと誰にも気づかれずそのまま放置。。。でしょうね

この1週間携帯は一度も鳴ってないしね。。。
  • 2007-12-16 01:47
  • 田舎物
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 42 : 永福町概論
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム