Entries

スニーカーを買う

3年ほど前だったでしょうか。新しい靴が欲しくて探し回っていたときに偶然出会ったのが「spring court」というメーカーのスニーカーでした。タケオキクチとのダブルネームで販売されていたものを偶然店頭で見かけて一目惚れし、それ以来その魅力にすっかりとりつかれてしまいました。デザインはもちろんのこと、履きやすくて、足によく馴染み、疲れ知らず。ジョン=レノンをはじめ、各界の著名人がこのメーカーのスニーカーを愛用しているということを知ったのは、それを購入してからしばらくしてのことでした。もともとも物持ちがいい方なんですが、それにも増してこの靴は私の大のお気に入りとなり、靴底に穴があくほど磨り減ってもなお、補修してまで履き続けていました。靴底以外の部分は全く問題ないので、私としてはまだまだ履き続けたいんですが、それもどうかと不憫に思った(かどうかはわかりませんが、)嫁さんがバレンタインの買い出しに行くついでに私の靴も新調してくれることになり、私は喜び勇んでネットで情報収集。が、意外に都内には在庫がないことが判明。しかし、県内K市のとあるお店にやたらに在庫があることがわかり、そこへ足を運んでみることにしました。

 電車を乗り継ぎ、駅を出て歩くこと数分。路地裏にドーンと構えるそのお店は、見るからにオサレ感が漂い、普段の私ならまず入るのをためらうであろう感じのお店(上段写真)。しかし、そこには私のお目当てのものがあることが既にわかっています。ここは迷わず堂々と入り込みます。すると、たくさんのオサレな洋服たちに紛れ、店内の一角に多種多様なspring courtのスニーカーの群れが!都内では品薄なのに、なぜここにはこんなにっ!?見るだけで嬉しくなってしまいます。っていうか、全部欲しくなってしまいます。が、さすがにそんなには買えないので、既にネットで調べていて気になっていた2種を中心にじっくりと見比べ、そのうちの1つを購入することに即決。店長さんらしき男性が応対してくれたんですが、その方もspring courtのファンのようで(だからこそこれだけの品揃えができるんだと思いますが)、この靴の魅力について語り合えたのは非常に貴重な時間でしたね。彼も2足ほど持ってらっしゃるらしいんですが、やはりこの靴は疲れ知らずと仰ってました。ただ、どうしても高いんですよね、と(苦笑)それだけにお客さんにオススメしづらい、と。それでもこれだけの種類を仕入れてるあたり、わかってるなぁ店長!っていう気がしました。今度もまたここにお世話になろうと思います。

そんなわけで今回購入したのが下段写真のスニーカーです。Mid Cut の Garment Leather。これまで持っていたのも同じレザータイプのものなんですけど、それは黒×白(靴の下の方の部分が白色)だったんです。今回は黒×黒で、レザーの風合いも今まで履いてたものとかなり違います。もちろん今までのものと併用していくつもりです。それにしても驚いたのが、ケースが紙製の箱ではなく、缶だったこと(中段写真)。またこれが無駄にオサレ。こんなとこに金使うぐらいなら、もう少し安くしてくれよ!という意見は私も店長も同じでした。

spring court:http://www.fen.co.jp/springcourt/

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/733-cb6e4ae0

トラックバック

コメント

[C1043]

>yoji殿
都内ではなかなか見つからないですね、spring court。売っていても自分が欲しいものとは違ったりして。店長さんの話では、都内だとすぐ売れてしまうということも考えられますしね、とのことでした。ここの店長さんは話のわかる方で、もし店頭にないものでも言っていただければお取り寄せもできると思います、とも仰っておりましたよ。

ケースが缶には嫁さんもびっくりしていました。お菓子でも買ったかのような状態になりましたけど(笑)私の場合、靴箱はわりと有効利用してまして、ゲームソフトやらDVDやらに収まってもらってます。今回もらった缶にも活躍してもらう予定です。
  • 2008-02-10 15:08
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C1042]

私もスプリングコートかなり探したんだけど、見つからなかったんですよね。色んなところに電話かけたり、頑張ったんですけど…。そんなに沢山売ってる店あるんですね。都内に全てのものがあると思ってちゃ駄目なんだね。やっぱり。

ケースが缶っていうのは凄いこだわりですね。なんか捨てるに捨てられないというw 私は昔はスニーカーの箱ってちゃんと保存してたんですけど、最近は捨てることにしてます。
  • 2008-02-10 04:52
  • yoji
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 42 : 永福町概論
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム