Entries

旬の蒸し野菜カレー

嫁さんからのリクエストにより、日曜日はカレーを作ることになりました。これまでに色々なカレーを作ってきた私ですが、そのなかでも自信を持ってオススメしたいのが、この「蒸し野菜カレー」です。ルゥと具を別々に作って、食べる前にあわせるという、新感覚(?)のカレー。まずはルゥの作り方からご説明しましょう。野菜の味を活かすために、ルゥは辛さも味も控えめにするのが唯一にして最大のコツです。
1.タマネギ半分をみじん切りにします。
2.挽肉(豚か牛)にカレー粉と小麦粉をふりかけ、よく馴染ませておきます。
3.鍋に油を敷いて、みじん切りにしたタマネギをよく炒めます。
4.ついでにショウガとニンニク(チューブのでOK)も一緒に炒めます。
5.香りが出てきたら、先ほどの挽肉を投入。
6.赤ワインを加えて、挽肉の色が変わるまでよく炒めます。
7.量に注意しながら水を加えていきます。
8.もう半分のタマネギをすりおろして加えます。
9.ローリエ等のお好みの香辛料や調味料を加えてさらに煮詰めます。
10.お好みのとろみ具合に調節したら、一晩置いておきましょう。
カレー粉から作るのが面倒という人は、もちろん市販のルゥを使用してももちろんOKですが、必ず挽肉でやるようにしましょう。そうでないと、蒸した野菜が引き立ちません。また、一晩置いたあと、食べる前に温めなおしたときに必ず味見をしましょう。そこでさらに味の調節をするとイイです。オススメは「みりん」。これを少し入れることによって、味に丸みが出て、蒸し野菜の旨みをさらに引き出すことができます。では次に肝心の蒸し野菜。
1.お好みの野菜を一口サイズに切ります。
2.蒸し器にかけて、充分蒸します。
※野菜によって火の通り方が違うので、必要によって蒸すタイミングをずらすと吉。
以上です。調味料は一切必要ありませんが、オリーブオイルや塩を少々振り掛けてもいいと思います。使用する野菜は、基本は「ジャガイモ」「ニンジン」「タマネギ」ですが、特にニンジンが驚くほどの甘さになりますので、是非使ってみて欲しいですね。それ以外の野菜については、そのとき旬のものを中心に使うといいでしょう。さらに緑色の野菜を加えると、彩りがきれいになります。オススメは断然「ブロッコリー」(ただし、蒸しすぎると黄色くなってしまうので注意)。「アスパラガス」も良いですね。「カボチャ」も美味しいですし、「大根」もイケます。意外なところで「オクラ」なんかも美味しいと思います。個人的に好きなのは「レンコン」ですね。今回はメイン食材に「かぶ」を使ったんですが、この時期のかぶは火を通すとトロトロになって最高に美味しいです。葉っぱも余すところなく食べられますよ。逆に「白菜」「キャベツ」「レタス」「水菜」「ピーマン」あたりはやめておいた方がいいかもしれません。

あとはルゥと野菜と白いご飯をそれぞれ別々のお皿に盛って、食べる直前に合わせます。野菜ってこんなに美味しかったんだ!と改めて感心させられる味になるはず。ご飯を除けば、ビールのお供にも合いますよ。

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/748-af3bd005

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 42 : 永福町概論
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム