Entries

WICKED観覧記

先日、大切な友人の一人から突然電話が。何事かと思ったらミュージカルへのお誘いでした。劇団四季の「WICKED(ウィキッド)」。チケットを取ったものの、止むに止まれぬ事情によって行けなくなってしまったので、このままにしておくのももったいないから我々夫婦に譲ってくださる、というなんとも大変素敵なオファー。ちょうど先月末に職場の先輩方と飲んだときに、劇団四季ファンが実に半数を占めており、話に入っていくことができなかったという苦い体験をした私にとってはまさに渡りに舟。実家滞在を一日短縮して帰ってきて、汐留の電通四季劇場【海】へと足を運んだのでした。想像していたよりもややこぢんまりした劇場・・・と思っていたら、二階席があるために天井が低く感じられていただけで、決してそんなことはありません。非常にキレイで豪華な劇場でした。(その1階席の前から2列目のほぼ中央という好位置なのには、ホントに感謝!この御礼はまた別の機会に必ずっ!!本当にどうもありがとうございました!!)

劇中の舞台装置や演出効果に嫁さんは体をビクつかせて驚いていましたが(特に出だしのサルが目前にまで迫ってきたのにはさすがの私も驚きました)、しかし、生演奏との相乗効果もあって、実際それだけの迫力は充分にありました。衣装、歌、踊り、その他どれをとってもさすがは日本最高峰のミュージカルを提供し続けている劇団四季だけのことはあります。まさに総合芸術。お見事でした。観劇後は感動でむせび泣く人もちらほら。そして鳴り止まない拍手に何度も応えてくれたキャストの皆様。我々もしばらくその場を動くことができませんでした。特に素晴らしかったのはやはりエルファバ(緑色の魔女ね)の樋口さん。あの声量ももちろん見事ですが、なんというか、人を惹き付ける力が他のキャストの皆さんよりもケタが違うという気がしましたね。緑色だから?ぃゃ、決してそんなことはないでしょう。話が進むに従って、魔力とともに魅力も増大していくという感じ。

ネタバレになってしまいますから、ここではあまり多くは語れませんが、これから観にいこうという方は、是非「オズの魔法使い」のあらすじをもう一度確認してからご覧になることを強くオススメします。そうすると、より「WICKED」の世界にのめりこむことができるでしょう。ライオンがどうして臆病になったのか、ブリキの木こりがなぜ心を失ったのか。ドロシーの冒険の裏で何が起こっていたのか、が興奮と感動とともに次第に明らかになっていくはずです。そういう意味では、案山子(かかし)がなぜ知恵(脳)を欲するようになったのか、という部分の描写には若干の不満が残りますね。案山子になる前の方が知性が足りなかったような・・・。それにしても浮かばれないのはネッサローズ。今回の一番の犠牲者ですよね。足が治ったと思ったらあんなことに・・・(苦笑)また、良くも悪くもミュージカルだな、という気はしました(リアリストなもので、スイマセン)。歌や踊りは確かに見事で感動するんですけど、若干、話の流れが速すぎてしまう部分があり、ついていけなくなってしまうところがあったなぁ、と。それだけに予習が必要だと思いますね(私は予習したおかげでよく理解できたんですが、嫁さんはちょっとついていけないところがあったようです)。特に、グリンダとエルファバがオズの城で別れるところ。グリンダがなぜその場に残る決意をしたのか、という部分の描写が極端に弱く、歌にごまかされてしまったような気がしてなりません。

とはいえ、非常に面白いことは言うまでもありません。特に興味深いのは、「オズの魔法使い」自体に政治的解釈を試みている学者が多数いるように、「WICKED」もいろんな角度から観察できるのではないかなぁというところですね。もちろん、ストレートに、愛と友情と正義のストーリーを楽しむのも悪くないでしょう。公演は今年もまだまだ続くようですので、まだご覧になっていない方は、是非!!(ちなみに写真は劇場前の広場にて撮影したものと、先日撮影した我が家の近くの枝垂桜。「お花見」シリーズはまた明日以降に掲載していく予定です。)

劇団四季 WICKED:http://www.shiki.gr.jp/applause/wicked/index.html

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/789-ba6d35fd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 42 : 永福町概論
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム