Entries

T岡御所 <初夏> 9

5月の大型連休中のT岡御所での楽しみは花だけではありません。「食」も楽しみの一つです。特に、竹の子、ふき、ワラビは名物と言ってもいいぐらいですね。家の裏に竹やぶがあるので(夏は蚊がひどいんですが)、竹の子は採り放題。そういえば、長野県からやってきた男3人組が群馬県の某所で竹の子泥棒を働いて捕まったというニュースを新聞で読みましたが、そこに載っていた彼らの一言が良かったですね。「たけのこは群馬に限る」。泥棒はいけませんが、この意見には一票投じておこうと思います。そして、ふきは御所周辺に普通に生えてます。採りきれないほど、大量に生えてます。市販されているものほど大きくはありませんが、採って食べる分には何の問題もありません。それにしても、幼少の頃ははふきなんて苦いだけでちっとも美味しいと思ったことがなかったんですが、大人になると変わるもんですね。今では好んで食べるようになりました。

ワラビもよく採れます。しかし、これを採るにはさすがにちょっと山に入らないといけません。世間の人が言う、いわゆる“穴場”ってやつですかね。地元の人らしき方も訪れて、ワラビを摘んでいきます。思いっきり不法侵入されてます(笑)でも、正直、採っていくのは問題ないんですよ。盗っていくんじゃなければね。一声かけてさえくれれば、いくらでも採っていってくれて構わない。でも、黙って盗っていくのは人としてどうか、と。一回、うちの母親が採ってる横で、堂々と見知らぬ人が獲ってたことがあったそうですからねぇ(母は何も言わなかったそうですが)。まぁ、親父が定年して御所に引っ込んで手入れをするまでは、荒れ放題の場所でしたから、沿道からはまったく見えない状態。それじゃぁ、格好の“穴場”になりますわな(苦笑)最近はきっちり手を入れて、伸び放題だった木や草も刈り込んだので、問題なさそうですけど。皆さんも、山に入る際はルールとマナーを守って入りましょう。

さて、この時期に見頃を迎える花は色々とありますが、T岡御所周辺ではこの“大手鞠(おおでまり)”が目立ちます。見た目は白いアジサイのようですが、開花時期はアジサイよりも1ヶ月ほど早く、5月中です。上段写真2枚は御所前の急斜面沿いに咲いていたもの。昨年、親父により大胆に剪定されました。こちらの方はまだ咲き始めということもあり、まだまだ薄緑色でしたね。そして中段と下段の写真4枚は、田んぼの脇にほぼ放置されるが如く成長したもの。その大きさは圧巻でした。また、キレイに広がった青空とのコントラストが非常に美しいですね。特に中段写真左がお気に入りです。なお、大手毬の花言葉は「約束を守って」、だそうです。これって、「約束を守って(ください)」という意味のお願いなのか、「約束を守って(きちんと実行します)」という意味の誓いなのか、どっちなんでしょうねぇ。

そういえば、母の日でしたね。うちは連休の滞在中に姉達と合同でオサレなバッグと小さなポーチ、さらに携帯電話用ポーチをプレゼントしました。全て花柄で統一。おかげさまで喜んでもらえました。

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/820-995649db

トラックバック

コメント

[C1168]

>みずさま
たけのこなんて、目立つ栄養素は食物繊維ぐらいのものですよ。あとはカリウム。この2つの作用により、便秘やむくみ、さらにはダイエットにも効果的ということで、女性には持って来いの食べ物なのかもしれませんね。余談ですが、蓮根の食べすぎにも気をつけましょう。タンニンの影響で確実に便秘になるそうです(笑)まぁ、何でも食べすぎは良くないということですね。

ま、不法侵入は知らず知らずのうちに、ということも山の中ではありえますから、どうってことないんですけど、泥棒はダメです。

母の日・父の日については私は正直何とも言えない立場です(苦笑)意識するようになったのは嫁さんの影響による部分が大きいですね。ごく最近のことです。昔は姉二人の買い物に、後から連名ということでお金を出したぐらいでしたからねぇ・・・。親不孝者でした。
  • 2008-05-13 00:19
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C1167]

変な話ですが、たけのこって繊維質なんですね。食べ過ぎるとお腹くだるって、初めて知りましたwお気をつけて☆
わらびの不法進入は、きっと知識ないと、私もどこが私有地なのか分からないでやってしまいそうと思ってしまいました。これまでも、散歩していたところが私有地だったりしたのかも!?気をつけます!
母の日とか、いつも皆様で合わせて贈り物されるのが、仲良しでいいなと拝見しています^^お母様は、そういうのも合わせて喜ばれたことでしょうね♪
  • 2008-05-12 23:59
  • みず
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 42 : 永福町概論
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム